2008年試乗大将 2

カーマくんの選ぶ、「2008年試乗大将」は、ジャガーXFです!!
(あっき~さん、お見事です)
これは、ドライバーが乗り込むと、シフトダイヤルがせり出して来たり、エアコンの吹き出し口が反転してルーバーが現れたりして、いろんなギミックが出迎えてくれます。
こういう、クルマが自分を出迎えてくれるというような感覚には、ワタシくらいの人間だと、コロッと騙されちゃいます。
シフトレバーもサイドブレーキもないというのも、目からウロコでした。
オートマチック車なんだから、そりゃ、オートマチックにいろいろやってくれて当たり前ですね。
なんで、他のオートマ車はオートマチックじゃないんだろうって思ってしまいます。
走ってみても、一番小さい3リットル版でも、必要十分なパワーで、自然な感覚で運転できました。
これ、もう少しお金持ちになれたら、マジ、欲しいです。
エリの横にジャガーが並んでいるなんて・・・、想像しただけでウルウルしちゃいます・・・が、想像するだけなのが悲しくてウルウルしちゃいます・・・。
特別賞では、フィアット500です。
単純に、運転してて楽しかったからです。
「vs.フィアット500」のところでも書きましたが、現代によみがえったベビーギャングっぽい適度なヤンチャ加減が最高です。
これ、普通に欲しいな。
ウチに3号車を入れる余裕があったら、候補の最右翼です。
でも、乗って楽しい小さいクルマだと、エリとキャラがカブったりするのかしら。
・・・って、3号車入れる余裕はないので、心配はいらないか。
15年後に、娘のクルマの候補にしよう。
やっぱり小さいクルマは、乗ってて楽しいですね。
来年も、いろんなクルマに乗ってみたいです。
不景気な世の中ですが、乗って楽しいクルマがどんどん登場して、クルマ市場が元気になるといいですね。

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:36 PM  Comments (3)