ヴィーマック

これも、GT300で活躍しているクルマで、エリーゼのフェイズ1にちょっと遅れて、フェイズ2と相前後するくらいのタイミングで、ヴィーマックというクルマが出ましたよね。
これは、イギリス車?
エリーゼのフェイズ1とちょっと似た、丸目のスポーツカーですね。
こちらも、エリーゼと迷うほどではありませんでしたが、興味はありました。
これも、カタログを取り寄せたと思うんですが、紛失してます。
ガライヤのカタログと一緒に、どこかに埋もれているんでしょうか。
ま、どちらも「カタログ」というより「パンフレット」レベルですが。
市販されずにお蔵入りになったガライヤと違って、こちらは立派に市販されてますね。
いくらだかわかりませんが。
800万くらいでしたっけ?
こちらは、スタイルはともかく、ある意味ガライヤよりよほど驚かせてくれました。
エリーゼを買う買わないの頃に、自分の中でかなり引っかかっていたのが、初期のブログでも書いてますが、「乗降性」でした。
あの高いサイドシルをまたいで運転席に潜り込むのは、日常には大変なんじゃないかと。
ところが、ヴィーマックはもっとビックリでした。
サイドシルは、エリーゼ並の高さで、しかも、赤い革が貼ってあったような気がします。
そして、これはどうにも邪魔だろう、という、サイドシルのど真ん中に、シフトレバーが生えているじゃありませんか。
右ハンドルのクルマなのに、右シフト!
レーシングカーは、右側にシフトレバーがあるなんて事を聞いた事がありますが、いくらレーシングカーっぽくても、あの位置にシフトレバーが生えてるんじゃ、どう頑張っても普通に乗り降りできるとは思えません。
そんなわけで、値段以前に、スッパリ諦めがつきました。
でも、一度でいいので、運転席に乗り込んでみたいものです。

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:57 PM  Comments (3)