S2000生産中止

ホンダのS2000が、この6月に生産中止になるというニュースが流れました。
デビューしてもう10年経ちますから、そりゃ、お役ごめんになっても仕方ありませんが、このタイミングで言われると、寂しいですね。
S2000のスタイルは、SSMの頃から、もう少しヒョーロンカの先生が叩いてあげればもっとカッコよくなったのでは? という感じがします。
なんか、昔、理科の教科書に載っていた「プラナリア」みたい。
ちょっと鼻が長過ぎで、個人的にはあまり好きになれなかったのですが、デビュー当初の、2000ccのNAで250馬力というスペックは、今では考えられないほどのハイスペックです。
途中で2200ccにして、少し馬力を落とし、トルクを太らせるという変更が入りますが、やはりNAでリッターあたり125馬力というのは、いかなV-TECと言えども無理があったのか、それとも乗り手がなかなか活かしきれなかったのか、メーカーとしては正しい判断だったのでしょうが、ファンは残念がったのでしょう。
車重が1250キロくらいありますから、トルクが細いと、よほど上手な人でないと、なかなか性能を使いきれず、荷が重かったかも知れません。
ホンダ(とマツダ)というメーカーは、技術者のこだわりが、時にユーザーを置き去りにしてしまいがちですが、このエンジンは、ちょっとそんな面が感じられます。
とはいえ、面白そうなエンジンです。
乗ったことがないので、想像するのみですが、もしかしたら、ビートと乗り味が似ているのではないでしょうか。
メチャクチャ面白いけど、実はそれほど速くない。
エンジンがブンブン回るけど、車体がちょっと重い。
でも、とにかく乗ってて楽しい。
そんなクルマが、またひとつ消えてしまいました。
ホンダが、とうとう「ほぼミニバンメーカー」になってしまいました。
合掌。

Filed under: エッセイ — カーマくん 5:58 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

3件のコメント »
  1. いやあ、F1に続いてモトGPも撤退だそうですが、おっしゃるとおり「ほぼミニバンメーカー」ですねえ・・。
    無限のハイカム入れたシビックRSに乗ってたことがありました。10000回転近く回るんですが・・「ダメだコリャ、パワー無し・・・」だったんですが、今となってはとても懐かしいです。
    なんか世の中暗くていやですね。早く明るくなるといいですね。

    コメント by yuk — 2009年1月28日 7:38 PM
  2. マイナーチェンジするたびにダメな車になりました。
    ホンダエンジンの特性を踏まえて乗らないとダメですね~ VTEC入れっぱなしで走ればすこぶる楽しいですけど、免許なくなります(笑)
    初期型のステアリング感はナーバスですが、慣れれば別に… リアのトラクションのかかり方がつかみ辛いです。 ノーズの入り方がリニアで結構好きでした。
    ボディーサイズが5ナンバーでしたら文句なしだったのでしょうね。 電動幌を取ってしまえば、1トン切る位です。

    コメント by ボールチェアー — 2009年1月29日 1:19 AM
  3. シビックRSですか。
    リアルタイムからずれてるので、乗ったことはありませんが、スゴイですね。
    10000回転! パワー無し!!(笑)
    ボールチェアーさんは、最近S2000を手放されたんでしたね。
    今は3シリーズですね。
    ウラヤマシイです。

    コメント by カーマくん — 2009年1月29日 6:40 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">