信号待ち

信号待ちは退屈ですね。
まあ、クルマに乗る人で、信号待ちが好きって人はあまりいないんでしょうが、それとなく、周りのクルマの様子を見ていると、信号待ちもなかなか面白いですよ。
みなさん、いろんなコトしてますね。
車の中って、実は周りからも見えるにもかかわらず、なんだか「密室」な感じで、油断してしまうんでしょう。
もちろん、ぼーっとそのまま待ってる人が一番多いんでしょうが、出勤時間だと、ヒゲ剃ってる男性と、化粧してる女性がけっこういますね。
朝の貴重な時間をムダにしないと言えば言えそうですが、電車での化粧はけっこう非難されますね。
あと、多いのが大あくびしてる人、鼻ク○ほじってる人なんかは、絶対、普通人前ではやらないんでしょうが、車の中だと、ついついやっちゃうようですね。
新聞読んでる人やマンガ読んでる人もいますが、信号待ちの短時間だと、「さっきどこまで読んだっけ」と確認してる間に、信号変わっちゃいそうです。
体操してる人や、両ドアが同時に開いたと思ったら、急いで席を替わっている人(運転手交代)もけっこういますね。
それから、張り倒してやりたくなるのが、いちゃついてる男女。
そんな中、ワタシが今まで一番驚いた例があります。
だいぶ前ですが、土曜日の午後だったと思います。
ふと信号待ちで後ろを見ると、運転席の女性が、助手席あたりから取り出した横笛を吹きはじめたのです。
フルートじゃなくて、邦楽用っぽい横笛。
明日は、邦楽の発表会なのに、まだうまくこなせないところがあるんでしょうか?
今から、師匠のところへ行くのに、先週の宿題だったフレーズができてないんでしょうか?
なんか、いろんな物語が浮かんできますね。

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:47 PM  Comments (2)