迂回路

去年の終わり頃、通勤で毎日通っていた橋が、区画整理の都合で落とされました。
道を拡幅する都合で、橋も太くするためらしいです。
岡崎は、例の「岡崎豪雨」で橋が落ちて、その復旧もまだなのに、また橋がなくなっちゃいました。
豪雨で落ちた橋は、ワタシ個人は毎日通るわけでもありませんから、そう不便を感じたわけではなかったんですが、今度の橋は、何と言っても毎日使ってる橋で、しかも、相当遠回りな迂回路を通らされるんで、不便で仕方ありません。
もともとのルートも道は細かったのですが、真っすぐだったので見通しが利き、すれ違いなど、割とスムースにできました。
今度の道は、細い上に、曲がっていて、見通しが利きません。
その上、もともと、抜け道として使っていた人に、ワタシ達迂回組が加わったので、交通量も増えて、ちょっとやっかいです。
そのうち、接触事故とかありそうで、気をつけなくちゃ。
ただ、迂回路は、新しい発見もあります。
普段通らないので、近くにあっても全然知らなかったお店とかが見つかるわけです。
床屋さんとか、自販機とか。
郵便ポストも、こんなところに!? と思うようなところにありました。
12月には、キレイなイルミネーションをやってらっしゃるお宅を何軒か見つけたりしました。
まだ、しばらく迂回路生活が続きますが、また、何か発見できれば、と思います。

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:02 PM  Comments (0)