vs.マツダロードスターRHT 3

屋根を開けたまま、走り出します。
オートマはマニュアルモード付きで、シフトレバーは手前が+(アップ)、押すと(ダウン)になってます。
あれ? この前乗ったIS250は確か逆だったよな。
オネーサンに聞いてみたら、日本車のほとんど(の会社)は手前が、向こうが+だそうですが、マツダはなぜか逆なんだそうです。
今思い出しましたが、そう言えば、この前IS250に乗った時、隣のオニーサンが、シフトのアップダウンについて、トヨタ社内でも、逆(マツダと一緒)がいいと言う意見が結構あるらしいです。
たまに試乗するだけのワタシにはどっちでもいいコトではありますが、実際所有したら、どっちがいいか気になるのかもしれません。
パドルもついていて、ステアリングの向こう側が「UP」、手前側が「DOWN」です。
暖かい日とは言え、2月上旬にトップを開けて走りますが、あれ? あったかいぞ。
えーと、なんだ? このあったかさは? と思ったら、シートヒーターだそうです。
これはいいですね。
シートがホヤホヤあったかくて、これなら、寒い時期でも積極的にオープンにする気になりそうです。
これ、エリにも欲しいなあ。
さて、エンジンですが、・・・あれ? エンジン、どんなだっけ?
NC型になって、2000ccになって、今は170馬力と、RHTの普通のグレードは162馬力だそうですが、なんか、あんまり印象に残ってません。
ごめんなさい。
メチャメチャよく回るとか、逆にガサガサしてるとか、すごく静かだとか、パワーが足りないとか過剰だとか、なんか特徴があればよく覚えているはずなんですが、なんででしょうか。
短い試乗コースだったし、マニュアルモード付きとは言えオートマだったので、そんなにブン回すこともできなかったのもありますが、それにしても、あんまり覚えてません。
好意的に解釈すれば、ロードスターにピッタリの身の丈に合ったエンジンということになるんでしょうが、うーん、ここはもう一度確かめたいです。
そういえば、昔、NA型のロードスターが出たての頃、86トレノだったワタシは、後ろをついて走った時、同じ1600ccなのに、ずいぶん音がいいな、と思ったことがありますが、今回はそういうワケでもなさそうです。

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:01 PM  Comments (2)