ホンダDOHCのすべて

モーターファン別冊の32弾は「ホンダDOHCのすべて」というコトで、シビックSiとCR-X Siがまとめて扱われています。

初代のCR-Xやワンダーシビックが出て約1年後、待望のDOHC搭載です。
「待望」と言っても、なんとなく、1年後に出すってのは、方法としてあまり好きじゃありません。
最初に飛びついて1.5iを買った人は相当悔しい思いをしたかもしれません。
それはともかく、中身ですが、ホンダのDOHCというコトで、はじめにホンダのレース活動のおさらいが特集されてます。
ちょうど昭和59年(1984年)は、ホンダがF1に再挑戦を始めた年です。
そして、鈴鹿でのインプレッションが入りますが、レポーターがなんと中嶋悟です。
まだF2に乗ってたんですね、この頃の中嶋悟って。
ちなみに、中嶋悟さんは、我が岡崎出身ですね。
豪邸があります。
そしておなじみライバル対決では、シビックとCR-XのSiと、MR2と86トレノです。
ホンダのZC対トヨタの4A-Gという図式になっています。
馬力的にはグロスで135馬力対130馬力。
前輪駆動対後輪駆動。
いろんな意味で興味深い対決ではありますが、タイム的にはゼロヨンもジムカーナもいずれもホンダ勢が勝っています。
今は、楽しさや気持ち良さが大事だと思えるようになってますが、当時はワタシもちょっとしたタイムの違いに躍起になっていたような気がします。
まだ、量産型のDOHCが少なかったのもあってか、「世界のDOHCエンジンラインナップ」なんて特集もあります。
ベンツ190E2.3-16、テスタロッサ、サーブ9000ターボ16、BMW M635CSi、カムリ/ビスタの3S-G、クラウンの6M-G、スカイラインのFJ、ピアッツァのG200が並んでいます。
当時の量産DOHCが網羅されているわけでもないでしょうが、恐るべしトヨタです。

Filed under: MF別冊 — カーマくん 8:59 PM  Comments (8)