スペシャリティーカー

昨日のブログで、アクシオGTにちょっとがっかり・・・というコトを書きました。
じゃ、トヨタに限らず、メーカーさんに是非作ってもらいたいとワタシが個人的に思うのが、チャラチャラしたクーペです。
20年くらい前は、こういうチャラチャラしたクーペ(=スペシャリティカー)が花盛りでした。
プレリュードとかシルビアとか流面形セリカとか。
シルビアなんかは、たまたま希少なコンパクトFRだったから、その後、ドリフト専用車みたいになっちゃいますが、ホントは、そんなに必死で運転するクルマじゃなかったはずですしね。
サイノスなんてクルマ、評論家のセンセー達にボッコボコに叩かれるようなクルマでしたが、ワタシ、ああいうコンセプトのクルマって、今必要だと思うんです。
スポーティーで、カッコいいんだけど、そんなに走りを突き詰めた尖ったクルマじゃなくて、乗り心地もまあまあ良く、少し狭いけど後席にもなんとか座れ、そして何より安い、そんなクルマ、今、あんまり無くなっちゃいましたね。
それほどお金もたくさんあるわけじゃなく、ちょっとだけカッコつけたい若者が乗りたがるようなクルマ、作ってくれませんかね。
別にクルマに興味のない男の子や女の子も、「あ、ちょっとカッコいいな」とか思ってくれるようなキレイなデザインのクルマ、欲しいです。
でも、そんなカッコだけのクルマでも、クルマに魅力を感じて買う、という経験を若い人にしてもらわないことには、クルマなんて、この先、ただの道具にされて、冷蔵庫と同じ選び方しかされなくなってしまいます。
クルマに魅力を感じて買う経験から、クルマにこだわりを持ってくれる人が増えれば、多少の付加価値だって惜しくなくなって、例えばスタイルのために10万余分に出してくれる顧客が増えれば、結果、メーカー、儲かるじゃないですか。
ワタシだって、今でこそエリなんかに乗ってますが、しょせん運転はヘッポコだし、性能の半分も使いきっていません。
正直言って、チャラついたスペシャリティーカーに乗ってる腕っこきにはカンタンにチギられそうです。
でも、ロータスとか、オープンとか、スタイルとか、楽しさとか、そういう付加価値にお金払ってるんですけどね。
そういうコトに気づいてくれないと、自動車メーカー、やばいぞ。

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:14 PM  Comments (2)