vs. ルノートゥインゴGT 3

「回していただいて結構ですよ」というお言葉に甘えて、ブンブン回させていただきました。
ターボと言っても、100馬力のエンジンですから、常識的なスピードのレベルで楽しめます。
昨日書いたように、ターボっぽくない、素直なエンジンなので、構えずに楽しめます。
これは面白いですね。
なんだか、エリに乗ってるといまだに味わったことのない、「使いきり感」が得られます。
セールス氏は「大人のオモチャですね」とおっしゃっていました(あの、もちろんエッチな意味じゃありません)が、まさに、大人のオモチャと言えるでしょう。
ただ、そのオモチャが240万と言われると、なかなか厳しいなあ。
ちなみに、素のトゥインゴは198万。
うーん、微妙な値段ですね。
フィアット500が、グレードがややこしくて難しいんですが、1.4リットルの16Vが222万から250万です。
ミニも、1.4リットルの「ワン」がMTなら218万。
このあたりを押しのけてトゥインゴのターボの240万は、正直、苦戦するんじゃないでしょうか。
「240万やるから、ミニか500かトゥインゴ買え」と誰か言ってくれたら(誰も言ってくれませんが)、ワタシは500かな。
ちなみに、トゥインゴ、素のノンターボもかなりパワフルでしたから、素のトゥインゴに普通の5MTの組み合わせで、脚回りもそのままで、180万くらいで出たら、相当魅力的だと思うんですがね。
うん、ワタシ、ノンターボの5MTのトゥインゴ、応援します。
・・・応援だけです。
ごめんなさい、自分じゃ買わないと思います。
余談ですが、セールス氏が、先日、メガーヌのお客が、ゴルフのTSIとの競合でゴルフに持って行かれたとボヤいていました。
ゴルフとメガーヌって、あまり競合する感じじゃないんですが(いや、もちろん両車ともCセグですが)、そういう競合をする人もいるんですね。

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:17 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">