vs.スイフト 2

話を戻しますが、試乗車は1.2のCVTです。
最近は、試乗するならなるべくベーシックグレードがいいと思っているので、これはおあつらえ向きでした。
例によってリアシートですが、うーん、広からず狭からず、という感じです。
ビックリするほど広くはありませんが、それほど狭くもなく、収まりはいいです。
フロントシートをワタシの位置に合わせると、リアのレッグルームはギリギリですが、座面が高くとってあるので、きちんとした姿勢で座れます。
車格的にはデミオより若干下の印象なんですが、デミオと比べても遜色ない広さです。
トランクは二段式になっていて、折り畳み式の棚があるんですが、棚をたたむとかなり深さのあるトランクになり、棚をセットしておくと、リアシートを倒した時、フルフラットっぽく、ほぼツライチになります。
普段はどっちにしておいたら便利かよく分かりませんが、まあ、便利なんでしょうね。
運転席に移ります。
「特別仕様車」とのことでしたが、えー、ラジオもありません。
本気で購入するなら、このあたりも上手に考えて組み合わせていかないと、案外高くなっちゃいそうです。
走り出すと、ちょっとビックリしました。
アクセルを開くと、思いの外スッと出ます。
いやあ、速い速い。
小排気量で、出だしの5~10キロくらいをスッと出るようにすると、その後、20~30キロくらいまでかったるさを感じがちなんですが、スイフト、軽い軽い。
はじめはミッションの出来で引っ張り、その後はクルマの軽さで引っ張っている感じです。
1.2のCVTはちょうど1トンですから、絶対的に軽いんですね。
デミオに乗った時も、同じような「軽さの恩恵」を感じましたが、こちらもその点でも負けてないな、と思います。

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:31 PM  Comments (0)