GTAスパーノ

ネットのニュースで、こんなのがありました。

http://news.livedoor.com/article/detail/4136992/

スペイン初のスーパーカーだそうです。
いやあ、なかなかかっこいいじゃありませんか。
8.3リットル(!)V10のスーパーチャージャー付きで780馬力っていうばかばかしい数字もスーパーカーにはふさわしいですね。
ただ、バイオエタノールにも対応していて、その時には840馬力になるっていうのも時代を感じさせますね。
うーん、さすがにラテンですね。
スーパーカーはラテンにしか作れない気がします。
日本でいちばんスーパーカーに近づいたのが最近じゃホンダのNSXなんでしょうが、やっぱり、こういうのを見せつけられると、かなわないなあ、と思っちゃいますね。
NSXは、スーパーよくできたスポーツカーですが、やっぱりスーパーカーと言うにはおバカさが足りませんね。
ロータスも、エリーゼやエクシージはもちろんスーパーカーと言うにはストイック過ぎますね。
やっぱりよくできた(?)スポーツカーですね。
ポルシェは、スーパーカーの代名詞のように言われますが、個人的にはスーパーカーとはちょっと違う印象です。
ポルシェは・・・そうですね、スーパーカーというより、スポーツカーというより・・・何といいますか、「兵器」といいますか、「ロボット」といいますか、そういうカテゴリに分類されます、ワタシの中では。
あ、ちなみに、最近のGT-Rも、ワタシの中では、ポルシェと同じカテゴリですね。
スペインってセアトしか知らないんですが、この「GTA」って会社、何作ってるんでしょうか?
そもそも、「GTA」が会社名で、「スパーノ」が車名って、なんかひっくり返ってる気がしますね。
最近、どっちが曲名でどっちがグループ名か分からないグループ(「ユニット」って言うの?)も多いですけどね。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 6:57 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2件のコメント »
  1. スーパーカーはラテンの血、というのは確かにそう思います。
    道具に例えると、切れ味鋭いナイフ、それも優雅なデザインで、扱いを間違うと刃こぼれしそうな危うさもあるナイフという感じでしょうか。
    日本人が作ると、よく考えられて切れ味は良く、ナイフよりも使い勝手はいいがお安いカッターナイフ、と言うイメージ(笑)

    コメント by まるし — 2009年5月4日 10:48 PM
  2. こんなこと書くと、公安にマークされたりするかもしれませんが、ナイフって、美しいですよね。
    素晴らしい切れ味の、美しいナイフって、ひとつは持っていて、できれば身に付けていたいです。
    カッターナイフって、確か日本人の発明ですよね。
    オルファって「折る刃」からのネーミングだと聞いたコトがあります。
    超絶便利ですけど、いつも持っていたいとは思いませんね(苦笑)。

    コメント by カーマくん — 2009年5月5日 7:58 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">