vs.新型プリウス 2

例によって、リアシートからですが、リアシートは、相当広々しています。
最近、ゴルフ4のリアシートの広さには感動しましたが、ま、それと比べると大したコトはありませんが。
レッグルームはかなり余裕がありますが、ヘッドルームは余裕がありません。
窮屈、というほどではありませんが、やっぱりだらりと下がってくるルーフラインのせいでしょう。
スペースを犠牲にしてまで突き詰めるべきものか? 空力。
シートの背もたれは肩のあたりまでしっかりあって、しっかりゆったり座れるだけに惜しいですね。
トランクルームも、ちょっと前にゴルフ4ワゴン見ちゃったから、それと比べると負けてる感じですが、まあ、立派な容量だと思います。
デッキアンダートレイの分を差し引いても、床面がやたら高いですが、これはやっぱりバッテリーをおさめるためには仕方ないんでしょうか。
運転席は、まあ、最近のトヨタっぽいといいますか、遠くのセンターメーターにヴァーチャルなデジタルメーターですね。
そのスピードメーターの横にエネルギーモニターがあるんですが、そこに描かれたプリウスのシルエットはとってもカッコいい。
ま、それはともかく、運転席に座って、位置合わせをしたら、いよいよエンジンをかけます・・・という表現はプリウスの場合正確ではないですね。
スイッチを入れます。
えーと、何事も起こりません。
エンジンはかかりません。
でも、走れる状態にはなっています。
これ、プリウスの美点なんでしょうが、個人的には要改良だと思います。
クルマがいつでも走れる状態になっていても、ドライバーにその実感を与えないってのは、マズイ気がするんです。
昔、セルシオだったかクラウンだったかがやっぱり静か過ぎて問題になったりとか、プリウスも、歩行者に気づかれなくて危険だとか、そんな指摘もありましたが、1トン以上ある物体を100キロ以上で動かせるクルマというシロモノを操るドライバーは、もっと運転に対して意識的であるべきだと思うんですがね。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:00 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">