vs.新型プリウス 5

旧型のプリウスが1.5リットルなのに対して、新型プリウスは1.8リットル、やはりトヨタは車格を上げてきているわけですが、値段はむしろ下がっています。
試乗しながらセールス氏に「インサイトが189万で出してこなかったら、プリウス、もう少し高かった?」と聞いてみたら、セールス氏は、「ええ、もう25万くらい高かったはずです」とおっしゃっていました。
同じ「S」というグレード(売れ筋?)で比べてみると、旧型231万に対して、新型220万ですから、セールス氏は「車格の上がった新型で、旧型より安い値付けなんてありえない」とぼやいていました。
ま、インサイトとプリウスだって車格が違うんですから、値段は違って当然なんですが、一般庶民は、同じ「ハイブリッド専用車」というくくりで見ますし、ホンダがインサイトをプリウスそっくりに似せてきたので、余計に、「同じカテゴリ」感が強いですね。
今、プリウスは5ヶ月待ちだそうですが、仮にもともと想定していた値段で売ってても、せいぜい3~4ヶ月待ちくらいだったんじゃないかと思います。
トヨタは、プリウス売っても、そんなに儲かってないんじゃないでしょうか。
前に「vs.インサイト」のところで書きましたが、これはやっぱり、ホンダの復讐だと思います。
ウィッシュに殺されたストリームの仇討ちを、ここで果たしているんですね。
ちなみに、気になっていたバッテリーの寿命ですが、プリウスのセールス氏は、「一応、クルマの寿命までは大丈夫です」とのたもうてました。
「旧型も、バッテリーがダメになったという報告は今のところありません」と。
うーん、そんなに丈夫なのか? ニッケル水素バッテリー。
だったら、普通のクルマに積んである普通のバッテリーも、10年くらいもつようにできないものかな。
ま、そんなわけで、プリウス、いいクルマには違いないんですが、ワタシは今のところパスです。
スタイルが最大の理由ですが、それを抜きにしても、もう少し細かいところが改良されてからでも遅くはない気がします。
いっそ、併売している旧型プリウスのベーシックグレード189万円也、の方が狙い目としてはオイシイかもしれません。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:50 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2件のコメント »
  1. それでもやっぱりワタシはいい音を出すクルマのほうが好きです。
    クルマからエンジン音が聞こえなくなったら淋しいでしょうね。F1が新幹線みたいに走ってたら・・・イヤです。

    コメント by yuk — 2009年5月27日 9:29 AM
  2. みなさん、「それでも」と付くところに気持ちがよーく表れてますね(笑)。
    ミニバン系だと、こんなに盛り上がらないですもんね。
    それにしても、新幹線みたいに走るF1・・・気持ち悪いっす(笑)。

    コメント by カーマくん — 2009年5月27日 6:53 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">