vs.先代ヴィッツ 1

206の12ヶ月点検で発覚した要メンテ箇所の作業のため、2泊3日で入院しました。
今度の代車は、ゴルフ4ではなくて、先代のヴィッツです。
色はピンクのメタリック(ポッ)。
そういえば、ヴィッツがデビューした頃、やたら目立ちましたね、ピンクヴィッツ。
先代のヴィッツは、実は、206を購入した時、ほとんど唯一の対抗馬として真剣に考えたクルマです。
ディーラーで試乗もしました。
その時は、助手席で試乗したヨメさんが、標準装備のナビをのぞき込んでいたら、クルクルまわる地図のせいで酔ってしまいました。
これがなかったら、206は選ばれていなかったかもしれません。
でも、代車とは言え、ピンクは・・・。
初代ヴィッツといえば、トヨタが、それまでのスターレットやターセル/コルサなどのコンパクトカーをまとめて整理し直してヨーロッパで本気で売ろうとした、非常に力の入ったモデルですね。
出来が良過ぎて、一時、カローラの連続ベストセラーを脅かしてしまったコトもありました。
その時はトヨタがあの手この手でカローラを防衛させましたが、その後フィットにやられちゃうくらいなら、この時ヴィッツに譲っておけばよかったですね。
さて、久しぶりに試乗したヴィッツですが、うーん、とても良くできたコンパクトカーですね。
00年式ですから、206より一つお姉さんです。
(ん? やっぱり「お姉さん」ですよね、「お兄さん」じゃないですね)
同じベースで作られたファンカーゴには、前にエリの車検時の代車で乗っていますから一通り分かっているつもりですが、ファンカーゴより、いろんな意味で自然な感じがしました。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:04 PM  Comments (0)