vs.先代ヴィッツ 2

設計は古いのですが、まだ走りはしっかりしています。
1リットルの普通のエンジンになんてことのないオートマチックですが、結構よく走ります。
車検証によると、車重が860キロですから、エリSとおんなじくらいですか。
軽さのたまものですね。
でも、少し登りの入ったところでゼロ発進すると、ちょっと苦しいかな。
それから、さすがにエアコンを入れると、かなりパワーを食われる感じです。
このあたりは、最近のクルマは制御がうまくて、エアコンONでもあまりパワーを食われないようになっているようですが、10年選手のこのクルマでは、さすがに古さは隠せません。
ファンカーゴのところでも指摘したコトですが、ヴィッツもあちこちに小物入れがあります。
もぅ、小物入れオタクの人が躍起になって作ったんじゃないかと思われるほどです。
ファンカーゴで、左膝がヤバイ、と思われる位置にあった小物入れは、ヴィッツにも当然ながら同様にあります。
これはやっぱり気になるなあ。
シートはもうすぐ10歳とは思えない感じでパンッと張っていて、しっかりしていますが、形状のためか、絶対的なサイズの小ささか、座面の長さがちょっと短くて、ももの真ん中あたりで支えがなくなります。
これは、長距離乗ったりすると、案外疲れるかもしれません。
このあたり、ファンカーゴの時には、シート形状が違うのか、他に何か理由があるのか、そんなに気になりませんでした。
他に苦になることが多かったためかもしれません。
そうそう、ヴィッツで、唯一とも言える「ダメ」な部分が、ヘッドライトです。
レンズ面がなんであんなに小汚い黄色にくすんじゃうんでしょうね。
大きな欠点はほぼないヴィッツですが、ここだけは、積極的にダメ出ししておきます。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:16 PM  Comments (0)