vs.先代ヴィッツ 3

センターメーターは、やっぱり見づらいです。
おまけに、ヴァーチャルディスプレーのデジタルメーターが、なんだかちょっとフワフワしていて、いかにもウソ臭い虚像を見せられている感じが強くて、日常使いにはちょっとイヤでした。
ま、これは慣れるのかもしれませんが。
誤解のないように書いておきますが、ワタシ、デジタルメーターは決して嫌いじゃないんです。
86トレノの時はデジタルメーターでしたし、FDの時にも、フロントウィンドウに写すヴァーチャルディスプレーを後付けしてました。
でも、わざわざ遠くにあるように見せるヴァーチャルさは、ちょっとつかみ所がなくて、納得がいきませんでした。
遠く見せる、というのも、トヨタに言わせれば、視線移動や、視点距離の変更が少なくてすむ、というコトなんでしょうが、情報をもたらすものは、近くにある方が、人間、見やすいんじゃないかなあ。
そうそう、リアシートは、うーん、ご立派です。
ヘッドスペースもレッグスペースも、サイズ的にはちょっとお姉さんの206より立派です。
(ん? 206もやっぱり「お姉さん」ですよね、「お兄さん」じゃないですね)
こまごまと気に入らない点はあるものの、総合的にはヴィッツは206よりよくできていると思います。
トヨタが真面目に本気で作ったクルマ、という感じで、ごまかしなく、手を抜かずに作った見本のような気がします。
いいコンパクトカーが欲しい人にとっては、中古で買っても後悔しないでしょう。
でも、ワタシにとっては、206の方が魅力的だったし、今も魅力的ですから、クルマって面白いですね。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:36 PM  Comments (4)