vs.ゴルフ4ワゴン 3

メーターの間の、ド赤いディスプレーをよく見てみたら、あら、このクルマ、もう10万キロ超えてるじゃありませんか。
それにしてはエンジンも脚まわりもしっかりしています。
先に書きましたが、運転自体はとてもしっかりしていて、シートも快適ですし、なんせ室内は広大です。
リアシートもちゃんと座れてレッグスペース、ヘッドスペースともに充分な余裕がありますし、さすがワゴンだけあって、トランクは、軽く206の倍はありそうな勢いです。
これなら草野さんがスタジオと間違えても仕方なさそうです(ああ、ネタが古い)。
正直言って、しばらくこの代車のままでもいいかな、なんて思わせる優等生ぶりです。
実用車としてのゴルフ、おそるべしです。
ただ、どうにもこうにもいただけないのが、室内のゴムパーツの劣化です。
これは、たまたまこの個体の状態が悪過ぎたのかもしれませんが、室内の手に触れる場所にあるプラスティックパーツです。
例えば、ドアの把っ手とか、センターコンソールからシフトレバーを通ってサイドブレーキレバーに至るまでのプラスティックのパーツ。
ゴルフは、プラスティックの安っぽい硬い手触りを嫌ってか、プラスティックの表面に、0.1ミリくらいの薄いゴムのコーティングが施してあるみたいなんです。
これは、ゴムのコーティングなのか、表面だけ少し弾力を持たせるプラスティック素材なのか不明ですが、とにかく、触ると、ほんの少し弾力があり、滑りにくくもなっています。
このゴムが、材質的に弱いのか、9年経って弱くなってきたのか、爪によるひっかき傷だらけなんです。
この傷がちょっと半端じゃない。
この材質のところは、余すところなく、あまねくひっかき傷。
まるでウチのネコを小一時間閉じこめておいたような景色です。
シボの入った、ダッシュボードとかは傷ついていませんから、この傷、やはりこの材質の部分限定のようです。
そして、ドアの把っ手の部分は、ほんの少ーしネチつく感じ。
うーん、せっかく10万キロ超えてもクルマ本体はピンピンシャキシャキしてるのに、乗っていていちばん気になる、手に触れるところがこれじゃあ、ものすごくマイナスイメージです。
正直、これさえなければ、中古であってもゴルフに転んでしまいそうな、それくらいよくできたクルマでした。
もし、ゴルフ4にお乗りの方、いらっしゃいましたら、このプラスティックゴムについてフォローしていただけると助かります。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:06 PM  Comments (0)

vs.ゴルフ4ワゴン 2

「事件」は、ウチにたどり着いて、車を降りようとした時です。
キーを抜こうとしたら・・・抜けない。
頑張って引っぱっても・・・抜けない。
これはもしかしたら、昔のトヨタ車のように、ボタンでもあるのか、と思ったけど・・・ない。
じゃ、キーを押し込みながらもう一段回したりする仕組みか、と思って、押し込もうとしたけど・・・押せない。
うーん、これでは、車から降りられません。
キーを抜いてないので、ラジオはかかりっぱなしです。
このまま一晩放っておいたら、バッテリーがアウトでしょう。
もう一度落ち着いてエンジンをかけ直し、ATのレバーをいじった所で原因発覚です。
AT慣れしていないワタシは、どうも、ちゃんと「P」の位置にしていなかったようです。
きっちり「P」の位置に合わせてエンジンを切って、キーを引っぱったら、無事キーが抜けました。
うーん、ATはバカにできません。
ワタシがバカだったみたいです。
翌朝も雨でしたが、ワイパーの様子もよく分かってきたので、リアワイパーだの、間欠の調節だのもまあちゃんとできました。
苦になったのは、ワイパーが戻る時に、ゴムが劣化しているのか、ダダダダっと引っ掛かりながら戻ってくるので、特に間欠状態だと、不快な音がする上に、拭けてる感が希薄でした。
ワイパーゴムが劣化すると、割と多くの車の場合、ワイパーが動く前半の時は引っかかっても、後半(戻り)の時はすんなり戻る場合が多いので、これは、たまたまゴムの劣化具合の都合か、ゴルフの特徴なのかわかりませんが、ちょっとイヤでした。
走りに直接関係のないところでイヤ、というと、純正オーディオが、いかにも「ドイツ!!」というか、昔、AMGのところでも書きましたが、いかにも工業製品っぽい整然とし過ぎたデザインで、ちょっとかわいげがない感じです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:11 PM  Comments (0)

vs.ゴルフ4ワゴン 1

206が12ヶ月点検のため、一泊入院したので、代車としてゴルフ4のワゴンをお借りしました。
仕事帰りに206を預けて、ゴルフを受け取り、翌日の仕事帰りにゴルフと交換で206を受け取ってくるという流れでしたので、基本的に通勤の往復分が「試乗」と相成ったわけです。
代車は2000年式のゴルフ4ワゴン。
1600のオートマで、薄いシルバーのヤツです。
ずーっとキープコンセプトのゴルフは、ちょっと詳しくないとどの世代か分かりづらいですが、ゴルフ1と2は、丸目です。
3が、少し横長の楕円になり、4で内側の円のRが少し小さくなって、ほんの少しつり目になって(と言っても206やエリと比べれば、ずっと優しい)、5は完全につり目、現行の6はもっと長くなって、ちょっといかつい顔です。
1は形自体が角、2と3にはサイドにしっかりしたキャラクターラインが入り、4と5ではキャラクターラインが消えてつるんとしたサイド、6でまたキッパリとしたラインが入ってます。
さて、ゴルフを受け取ったのは、雨の夜でした。
コクピットドリルも受けずに借り出したので、最初は戸惑いました。
まず、乗り込んでシートを合わせ、ライトを点けよう・・・お? ライトのスイッチは? コンソール左に生えているウィンカーのレバーには・・・ない。
よく探したら、メーターパネル右側につまみがありました。
ふと86が懐かしくなります(86もメーターパネルにスイッチがありました)。
ただ、懐かしくなるより先に、「灯火類だったら、ウィンカーと同じ左側にあればいいのに・・・なんて、エリの事はすっかり棚に上げて考えてしまいました。
その他、リアワイパーの動かし方なんかが、ちょっと感覚的にわかりづらかったのですが、まあ、その辺はちゃんと取説読めば問題ないでしょう。
いきなりの雨の夜なので、細かいスイッチ類には戸惑いましたが、運転自体はとても快適でした。
メーターの照明が青系なのに、タコとスピードの間にあるマルチディスプレー(?)が、ドギツイ赤なのは、ちょっとえげつない感じでマイナスですが、乗り心地なんかはとてもよく、エンジンもきっちり仕事をしている印象です。
そして、ウチにたどり着いたら、ちょっとした「事件(大袈裟!)」が待っているのでした。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 6:59 PM  Comments (0)

新型プリウス

やっと出ましたねえ、新型プリウス。
二代目インサイトの登場で、トヨタは相当慌てたのか、トヨタにしては珍しく発売前からティザーCMを打ったり、二代目プリウスを値下げして三代目がデビューした後も継続販売することを早々と発表したり、多分、当初の計画よりだいぶ抑えた価格で三代目の価格を早々と発表したり、ちょっと迷走気味だったような気がします。
それでも、4月の自動車売り上げは、軽を除くとインサイトが1位! なんてニュースも入ってきたりして、トヨタが苦虫を噛みつぶしている様が目に浮かびます。
さて、そんな逆風の中のデビューで、さぞかし大変かと思いきや、もうすでに5ヶ月分ものバックオーダーを抱えているそうで、インサイト何するものぞ、ってな感じでしょうか。
189万からあるインサイトに対し、プリウスは205万からというコトで、全体的にプリウスの方が20から30万ほど高いんでしょうか。
これくらいの差だと、カローラとコロナくらいの差なんでしょうかね。
まあ、車格が、プリウスの方が若干上、というコトもあるでしょうが、でも、一般的にはライバルと考えられるプリウスとインサイトですが、「250万やるからどっちか買え」と言われたら(誰も言ってくれませんが)、ワタシはプリウスでしょうか。
前に書きましたが、インサイトは、二代目プリウスとの比較でもプリウスの方がいいかな、という印象を受けたので・・・。
でも、誰かが出してくれるなら、の話ですけどね。
自分で買うには、ちょっとなあ・・・。
何にしても、デビュー直後のフィーバーが一段落ついたら、試乗してこようっと。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 9:34 PM  Comments (0)

笑っちゃうニュース

5/16のネットのニュースに、こんなのがありました。
「オープンカー試乗中、現金300万円が車外に飛ばされる」
[ベルリン 14日 ロイター] ドイツ北部ハノーバー近郊の道路で、男性(23)が試乗していたオープンカーの座席ポケットから現金2万3000ユーロ(約300万円)の入った封筒が風で飛ばされ、現金が道路にばらまかれるという騒ぎがあった。
 警察によると、飛ばされた現金は500、200、100ユーロ紙幣で、男性はすぐに警察に通報。その後、紙幣回収のために両車線が1時間半近くにわたって封鎖され、作業に当たった8人の警察官が2万ユーロを回収した。
 警察のスポークスマンは、「残りの3000ユーロは見つけられなかった」と語ったが、紙幣を探そうとしている人に対し、紙幣を持ち去ることは違法になると警告した。
(以上、そのままコピペしましたが、問題あれば修正します)
いやあ、笑っちゃいますが、いろんな意味で不思議なニュースですね。
23歳の若者が、なんで300万もの大金を封筒に入れて持ち歩いていたのか?
なんで、オープンカーの試乗に300万円持って行くのか?
座席ポケットって何?
座席ポケットに入れておいたのに、なんで飛んじゃうの?
このオープンカーって何?
現金でポンと買おうと思って、試乗してたんでしょうかね。
それにしちゃ、紙幣の種類がバラバラしてますね。
なけなしのお金をかき集めたんでしょうか。
集金の仕事の途中だったんでしょうか。
エリも、助手席に軽いものを置いてオープンで走っていると、舞い上がって飛んでいきそうになります。
他人事じゃありませんから、気をつけようっと。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:28 PM  Comments (4)

206の12ヶ月点検 2

作戦会議と言っても、ヨメさんはそれほどクルマに詳しいわけではないので、ワタシが説明して、財布を握るヨメさんが、どこまで出せるか考えるというものです。
ルノー/シトロエン岡崎が出してきた交換推奨パーツを全部交換していると、工賃込みで20万円くらいになります。
一気に20万の支出はイタイので、先延ばしに出来るものは先延ばしにして、優先順位の高いものから交換します。
ただ、ヨメさんに言わせると、「次の車検は通す」というコトなので、「通す」のであれば、次の次の車検(3年後)前までは乗るんでしょうから、交換の必要なものは早めに交換しておいた方がよさそうでもあります。
最優先は、フロントのパッドとローターです。
実際、もうギリギリで交換時期ですし、クルマは止まらないのがいちばん困りますから、ここは仕方ないでしょう。
ヨメさんは、タイミングベルトとファンベルトのどちらが壊れるとマズイのかが気になるようです。
予算的には、このどちらかにしたいわけです。
「タイミングベルトが切れるとエンジンが壊れる、ファンベルトが切れると相当慌てる」と説明したら、大体雰囲気が伝わったようです。
ま、ファンベルトテンショナーは「少々ガタあり」とあったコトですし、これは次回にまわして、タイミングベルト周辺をやってもらいます。
結果、リアのパッドと、ファンベルトテンショナー周辺と、サーモガスケットは次回まわしにして、今回は、フロントのパッドとローター、タイミングベルト周辺で、合計14万弱。
うーん、ケチったとはいえ、なかなか厳しい数字です。
でも、国産でも、某M○-2の時は、9年を過ぎた途端に壊れまくりましたから、このあたりで、少しずつ手入れが必要なのは仕方ないでしょうね。
あ、この秋、ワタシのエリが5歳の車検だ・・・
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: プジョー206 — カーマくん 6:47 PM  Comments (0)

206の12ヶ月点検 1

プジョー206が12ヶ月点検を受けてきました。
満8歳です。
すぐ近所だったプジョーのディーラーさんが岡崎から撤退しちゃったので、今後の面倒はルノー/シトロエン岡崎で診てもらうことにしたのは先日書いた通りです。
ありがたいことに、プジョー屋さんより、12ヶ月点検の費用が相当安い!
これは助かります。
さて、それはともかく、8歳ですから、いろんなところが、いろんなレベルでくたびれてきています。
輸入車乗りの心得として、壊れる前に、交換部品は早めに交換・・・ってのは分かっちゃいるんですが、いざとなると出費はイタイです。
なるべく安く済ませたいんですが。
とりあえず一泊でいったん引き取り、交換部品については改めて入庫させてもらう手はずです。
さて、一泊預けて戻ってきた206、基本的に元気ですが、要交換のものから交換お勧めのものまでいろいろあります。
一応、俎上に上がってきたのが、フロントブレーキのパッドとローターです。
リアも、ローターはまだ大丈夫だけどパッドがそろそろ。
それから、タイミングベルトやウォーターポンプのお決まりのコース。
あと、ファンベルトテンショナーが若干ガタついているということで、その周辺。
あとは、サーモスタット周辺で水のにじみが見られるということで、ガスケットの交換がお勧め、とのことです。
うーん、さすが8歳、いろいろ出てきます。
ウチに帰って、ヨメさんと作戦会議です。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: プジョー206 — カーマくん 8:05 PM  Comments (0)

トヨタの小型スポーツカー

ちょっと妄想で遊んでいる間に、ビックリするニュースが流れました。
トヨタが、iQをベースに小型スポーツカーを開発中!!
いやあ、なんて素晴らしいニュースなんでしょうか。
なんでも、次期社長の豊田章男氏の肝いりだそうで、頑張れ新社長。
ただ、2月にぬか喜びさせられた「アクシオGT」みたいなコトにならなきゃいいんですけどね。
マイクロカーベースのスポーツカーというと、スマートロードスターが思い浮かびます。
これ、ハッキリ言って、相当好きでした。
もちろん出た頃にはすでにエリに乗っていましたので、比べちゃうと「エリで良かった」なんですが、もし、エリより先にこちらが出ていて、もう少し条件が整っていたら、こっちにしていたかも、とちょっと思わせます。
トヨタには、iQにちょっとエアロを加えてお茶を濁すなんて横着なコトをしないで、スマートロードスターみたいな感じにしてもらえないかなあ。
iQのままFFでもいいんですけど、いっそユニットを後ろにもっていって、ミドシップにして、850キロくらいの車重。
全長で3mを切るなんてコトにこだわっているとちょっとカッコよくするのが難しそうなので、ま、3.3mくらいの、全幅は1.6mくらい、全高は1.2mにおさめましょう。
屋根は、エリのようにタルガ状態で開く布屋根なら、軽く安く上がるでしょう。
で、200万を切る価格。
うーん、なんか欲しくなってきちゃいました。
もし、今書いたような感じでホントに出たら、正直ヤバイっす。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:27 PM  Comments (0)

2500万でお買い物

よくコメントをくださる「F355b」さんから挑戦状を頂きました(笑)。
「2500万やるからなんか買え」・・・違いましたっけ?(爆)
あ、「2500万の予算なら何を買うか」でしたっけね。
うーん、前にエヴォーラがらみで1000万のお買い物は考えましたが、2500万となると、これまた現実味がありませんね。
さしずめ、土地を買います・・・って、やっぱNGですね。
真面目に(?)クルマで考えましょう。
しかも、1000万の時みたいに、組み合わせアリだと、もう妄想が無限に広がって収拾がつかなくなるので、一台で、というコトで縛りをかけましょう。
資料が無いので、とりあえず「カーマガジン」巻末の「価格一覧」と首っ引きで見てみましょう。
すると、さすがに2000万を超えるクルマは少ないですね(苦笑)。
フランスからはブガッティのヴェイロンだけですね。
イタリアは、フェラーリとランボで、マセラティは入ってきません。
一応アルファの8Cは入れておきましょうか。
イギリスでは、さすがにロールスは5000万前後・・・す、すごい。
ベントレーに2000万円台があるのが格安に思えてしまいます。
それからアストン。
ドイツは、BMWもベンツも、アルピナかAMGとなります。
げっ! SLRマクラーレン・ロードスターは7000万円也。
マイバッハがロールス並の5000万前後。
アメリカはサリーンS7が、SLRマクラーレンも吹っ飛ぶ8900万!!!
うーん、たくさんあるようで、実は2500万の予算で買うクルマって、少ないですね。
この中からだと、ワタシは・・・フェラーリの430か、カリフォルニアか、アストンのヴァンテージかなあ。
なんか、ちっとも現実味が湧いてこなくて悲しいです。
でも、もしホントに「2500万で一台」なら、こんなコトしてみたいです。
超上物の328を1000万で手に入れて、1500万かけて何の心配もいらないところまでアップデートして乗るってのはどうでしょう?
うん、どうせ、現実味がないから、これで決まりです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:01 PM  Comments (0)

アルファロメオ8C

アルファロメオ屋さんで見た「とんでもないもの」と言うと、勘のいい方はもう見当がついていらっしゃるかもしれませんね。
そうです、アルファロメオのウルトラスーパーカー「8Cコンペティツィオーネ(ああ入力しづらい)」です。
MiToの試乗が終わって、お店でカタログを貰って、クルマに乗り込もうとしてひょいとファクトリーの方を見ると、ファクトリーの片隅に、ひっそりと鎮座ましましているクルマが、赤いオーラを発していらっしゃるじゃありませんか。
もしやと思って、ついてきていたセールス氏に、「あれってもしかして・・・」と聞いてみると、「そうです」とのご返事。
さすがにファクトリー内には入れませんでしたが、ギリギリまで近づいて、なめるように見ます。
うーん、雑誌なんかで見慣れているとは言え、目の当たりにするとカッコいいですね。
フロントフェンダーからリアフェンダーの膨らみのグラマラスなことといったら、エリが華奢に見えてしまいます。
アンジェリーナ・ジョリーとジュリア・ロバーツとでも言いましょうか・・・
藤原紀香と仲間由紀恵とでも言いましょうか・・・
ま、どちらがお好みかは別問題ですが。
フェラーリは、V8モデルはなんだかんだ言ってそれなりに見ますが、珍しい分だけ、8Cのオーラの方が優ってます。
V8仲間で比べるなら、アストンを見た時の感動に近かったですね。
やっぱ、ここまで値の張るクルマは、マイナーな方がインパクトがあります。
このオーラが、たったの2200万円だそうですから、安いですね! タダみたいなもんです。
ワタシもいっちょハンコついてこようと思ったら、なんと日本に入っている74台はすでに完売だそうです。
世界でも限定500台ですから、もう、「中古」以外では手に入りません。
うーん、「エンツォ」の時もそうでしたが、モタモタしてたら、ハンコつこうと思った時にはもう手に入らないんですね。
中古じゃイヤだから買うのやめます。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:38 PM  Comments (3)