アイドリングストップ

前から書いてますように、ワタシ、環境問題には無頓着で、自分と自分の財布には優しいんですが、地球にはちっとも優しくありません。
エコと言っても、自分のお財布が傷まないように「エコノミー」はほんの少し興味ありますが、「エコロジー」には全然興味ありません。
そんなワタシですが、ちょっと「エコ」のためにちょっとだけ興味あるのが「アイドリングストップ」です。
もちろん「エコノミー」方面で。
アクセルの開閉をおとなしくするなんてとてもできませんし(したくもありませんが)、様々な省燃費グッズも結局「当たり」と言えるものも見つかりません。
で、実施するだけで、1割から2割は燃費が良くなると言われるアイドリングストップに目が行くわけです。
でも、ワタシ、これやってみる度胸がないんですよね。
一般に、アイドリングストップをやって効果が上がるのは、少し長めの信号待ちの時だと言われます。
信号待ちが長くなるのは、大きめの道路でしょうし、そうなるとワタシの通勤路では、国道1号線および、国道1号線に出るための信号でしょう。
・・・度胸がないんです。
だって、せっかく動いているエンジンが、アイドリングストップが原因で止まっちゃったらどうしよう、とか考えちゃうわけです。
もっとリアルなのが、信号待ちの間じゅう、オーディオなんかはかかりっぱなし、夜だとライトも点けっぱなしなんですが、それでエンジン切ってたら、バッテリーが疲れちゃって、次にイグニッション捻った時、反応しないんじゃないか、と思ってしまうわけです。
大きな道路でエンジンがかからなくなっちゃったら・・・なんて考えると、夜も眠れません。
(ガイシャ乗りのくせに、いざとなると度胸のないワタシ)
アイドリングストップ機能のある最新のクルマならきっと問題ないんでしょうが、普通の、もしくは普通より信頼性の落ちるクルマでは、ちょっとコワイんですよね。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:56 PM  Comments (0)