206のワイパー

ワイパーといえば、206のワイパーもなかなか特徴的です。
とってもスグレモノのような、そうでもないような・・・。
まず、異常に長いブレードを持つ、運転席側のワイパーと、申し訳程度の短いブレードのついた助手席側のワイパーの2本アーム体制ですが、明らかに左ハンドル用です。
206のデビューから10年以上経つとは言え、その頃の欧州車だって、日本仕様は、ワイパーの向きなんかを入れ替えて、基本的に助手席側で寝ていたブレードが、仕事する時には立ち上がってくるのが普通ですよね。
206はこの点若干横着で、運転席側で寝ているブレードが仕事する時には助手席側に立ち上がっていくという仕様のまま輸入されています。
おかげで、運転席から見た視界は、右上あたりの拭けない部分がやや目立ちます。
でも、運転席側の長い方のワイパーは、アームの付け根が凝った作りになっていて、払拭面積を稼ぐために、リンクが1本追加されています。
おかげで、若干効率良く広い面積を拭いてくれます。
ただ、せっかくの凝った作りも、逆向きについているので、効果が薄いんですけどね。
ま、その辺はご愛嬌。
でも、壊れなきゃいいけど。
ウチの206はXT-プレミアムという、ちょっと高級志向のグレード(たかが知れてますが)なので、「雨滴感知型オートワイパー」なんてこじゃれた装備がついてます。
フロントウィンドウにかかる水滴の量によってワイパーの間隔を自動調整するんですが、もうほんの少し早いタイミングで動いてくれるといいなあ、という点を除けば、小雨から土砂降りまで、調整いらずです。
そんな、スグレモノなのかちょっとおバカさんなのか、よくわからないのが206のワイパーです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: プジョー206 — カーマくん 5:43 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2件のコメント »
  1. 雨滴感知…
    センサーが雪で覆われると、常にハイでワイパーが作動するようです。
    そのセンサー、デフロスターもワイパーも効かない位置に取り付けられているんで、雪が降ったりやんだりの状況下ではもうお手上げらしいです(笑

    コメント by ジョニー — 2009年6月23日 1:17 PM
  2. 雪が降っている状況ではあまり乗ったコトがないんですが、センサーは、ワイパーは利く位置じゃないかなあ。
    でないと、一度たっぷり濡れてしまうと、どれだけ拭ってもずっとハイになっちゃわないかな。
    ま、雪はともかく、雨の時は、それなりにお利口で働いてくれています。

    コメント by カーマくん — 2009年6月23日 8:07 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">