マッハ号の装備 1

「大きな不満解消のための小さなプロジェクト」の中で、マッハ号の主題歌を聴いてしまったら、懐かしくなってしまいました。
マッハ号といえば、あの、エンツォ・フェラーリも真似した(え? 250テスタをマッハ号が真似した?)、独特の三つ又ノーズからの流れるようなスタイルが最大の特徴ですが、もう一つ、忘れてはならないのが、ボンドカーも顔負けの特殊装備の数々ですね。
確か、ステアリングの中心の、普通ホーンホタンのある位置に、AからGまでの小さなボタンが、Gを中心に並んでいて・・・あれ? じゃ、あの素敵な音を出すホーンのスイッチはどこ?・・・ま、ともかく、この特殊装備で三船剛は降りかかるさまざまな危機を乗りきるんですね。
この、特殊装備をちょっとおさらいしてみました。
Aボタンは「オートジャッキ」。
クルマの下から、四本の「足」が出てきて、ジャッキでシコシコ持ち上げなくてもクルマが持ち上がるんですね。
GT選手権のクルマなんかはこれ、積んでますね。
(といいつつ、レーシングカーには疎いワタシ)
今考えれば、整備性がよさそうだな、なんてコトを考えてしまいますが、当時は、走行中にこのボタンを押すとジャンプできる機能としての印象が強いですね。
オープニングで象さんなんかを飛び越えてます。
ジャンプはともかく、これ、欲しいです。
Bボタンが「ベルトタイヤ」。
ボタンを押すと、フェンダーの中から「ベルト」が出てきて、タイヤに勝手に巻き付きます。
マッハ号は、なぜか目の前のクルマにオイルなんかを撒かれる機会が多いようで、スピンしかけても、このベルトタイヤで一気に体勢を立て直せます。
これは、ウルトラ便利ですね。
冗談抜きで、どこかの会社が開発してくれないかしら。
お、長くなってきたので、続きは明日。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 5:38 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">