マイケル・・・

ビックリしました。
マイケル・ジャクソンが亡くなってしまいましたね。
ワタシ、マイケルって、それほど好きだったワケでもないんですが、それでも死んじゃったと聞くと、いろんな思いがよぎります。
50歳だったそうですが、芸能活動歴は、40年を超えますよね。
ジャクソン5の頃はリアルタイムじゃ全然知りませんが、フィンガー5みたいな感じだったんでしょうか?
天才少年。
ワタシにとって、リアルタイムの、いちばん輝いていたマイケルは、高校時代です。
ちょうど、「スリラー」がリリースされてたのかされてなかったのかわかりませんが、いわゆるプロモーションビデオの傑作として「スリラー」が紹介される直前(?)の、「ビート・イット」です。
高校3年生の文化祭で、当時流行っていた「ベストヒットUSA」(MTVですね)を真似て、プロモーションビデオを作りました。
(ワタシたち、バカだったんで、高3の秋にも必死で「青春」してたんです)
その中で、第1位として、クラス全員で踊ったのが、「ビート・イット」だったんです。
ウェストサイドストーリーを下敷きにしたような、二つの不良グループが一触即発になっているところにマイケルが登場し、みんなで踊って解決・・・みたいな話をホンモノそっくりに撮ったんですが、必死で振り付けを覚えました。
今でも、サビのところは踊れます(笑)。
振り付けを覚えるために、何度も何度もビデオを見て、みんなでダメ出しをし合った、ちょっと照れくさい思い出が、まだ黒人だったマイケルとともに思い出されます。
その後、マイケルは、整形だ幼児虐待だと、おかしな話題が先行するようになってしまい、親近感も薄れてしまいましたが、亡くなったと聞くと、青春の思い出が一つ失われたような寂しさを覚えます。
余談ですが、クラスの出し物では、ワタシは「ビート・イット」ではバックダンサー最前列と、カルチャー・クラブの「Do You Really Want To Hurt Me」で主役(ボーイ・ジョージ)を演じました(女装?)。
ああ、甘酸っぱい。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:40 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">