vs.新型アクセラ 1

完全に遊び半分の試乗だったにもかかわらず、デミオ、RX-8、ロードスターと立て続けに試乗させてもらった関係で、マツダのオネーサンからよくDMが届きます。
この3台に比べると、俄然206後継候補としてリアリティのある、新型アクセラがデビューしました。
スタイルは、思いきりキープコンセプトで、よく知らない人が見たら、先代と区別がつかないんじゃないでしょうか。
特に、グリーンハウスのカタチは、ワタシも、ここが変わってる、とハッキリ指摘できません。
フェンダーのラインとか、フロントエンドのデザインは、シュッとカッコよくなっています。
マツダは、ちょっとカッコいいデザインをさせると上手いなあ。
さて、新型アクセラは、アイドリングストップを自動で制御する「i-Stop」という機能が最大の売りです。
グレードは基本的に3つで、1.5Lと2.0L、それに2.3L直噴ターボですが、自慢の「i-Stop」が付くのは、2.0Lのみです。
ま、完全にスポーツ寄りのの2.3Lターボはともかく、1.5Lにも付ければいいじゃん、と思ったら、1.5Lは直噴じゃないので出来ないんだそうです。
その代わり1.5LにはCVTがあります。
そのうち1.5Lの直噴も開発されるのかもしれませんが、どうせなら、直噴、CVT、i-Stopと全部くっつけてほしいものです。
そういえば、10年くらい前に、トヨタと三菱が相次いで直噴エンジンを世に出した時は、随分騒がれたものですが、今はあまりパッとしませんね。
各社一基くらいのエンジンで、細々と作っているイメージしかありません。
もっとドドッと出てくるかと思ったんですが、なんか割に合わないのかなあ。
ウィキペディアで調べてみたら、「メリット」が10行くらいの説明なのに対して「デメリット」は30行くらい書いてあります。
なんだか難しそうなので、読んでませんが、ま、いろんなデメリットがあるんでしょうね。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:41 PM  Comments (0)