さあ、車検

ところで、エリーゼを車検に出してきました。
今、ウチのエリが抱えている問題は、例のフロントのコキコキ音くらいで、直接困っているトコロはあまりありません。
でもコキコキ音は、冬になっても続くようであれば、即修理に回しますが、冬におさまるようなら夏前くらいまで先延ばししないと、お金がツライ。
とりあえず、油注せそうなトコロは油注してもらうコトにしましたが、それだけじゃあ直らないんだろうなあ。
他は、不便はありませんが、左のドライビングランプにヒビが入ったままなので、いったんはずして車検を通し、車検後にまた取り付けてもらうという、ズルい方法をとることにしました。
あと、先日も書きましたが、前回の12ヶ月点検の時に、「次はブレーキとパッドの交換が必要」と予告されていますので、まあ、ここは仕方ないですね。
バッテリーも、5年間無交換です。
今のところ大丈夫ですが、これもそろそろ交換時期かなあ。
まあ、でも、バッテリー交換は、ネットかなんかで安いヤツを探して自分で交換したほうが安いですね。
ブレーキオイル、クラッチオイル、ミッションオイルは交換です。
これ、ワタシ、自分じゃようやりません。
その他、これはヤバいという点があったら電話をもらうコトになってます。
ああ、電話が鳴るのがコワイ・・・
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 8:13 PM  Comments (2)

vs.ファンカーゴ 4

エリーゼを車検に出してきました。
諭吉君が何人出ていってしまうか、不安ですが、まあ、調子よくして大事に乗り続けたいものです。
代車は、またファンカーゴでした(笑)。
まあ、大きなディーラーとは違いますから、代車を借りる度にいろんなクルマが供給されるワケもなく、2年前と同じ、久々の黄色いファンカーゴです。
懐かしいのでファンカー号と名付けました。
で、その、ファンカー号ですが、基本的な感想は2年前と同じです。
ファンカー号もあれから2歳トシ食ってるはずですが、特に老化を感じさせるコトもとりあえずありません。
でも、まずは何より、やっぱりセンターメーターが違和感のカタマリです。
受け取ったのが仕事終わりの夜ですから、余計違和感が強かったかも知れません。
ステアリングの向こうが真っ暗。
これ、やっぱりなんか気持ち悪い。
とりあえず一週間くらいは乗ることになると思うので、今回は前回気づかなかったことや、いいトコロをレポートできればと思います。
「乞う、ご期待」と言いたいところですが、あんまり期待しないでいてください。
なお、次のレポート「vs.ファンカーゴ 5」は、ちょっと先になると思います。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 8:00 PM  Comments (4)

もうすぐ車検

ウチの111Rも、この10月末で、満5歳。
もう2回目の車検です。
気がつけば、前のSTDと合わせて、ワタシのエリーゼ歴も、8年弱になるわけです。
我ながらスゴイなあ。
この間、STDから111Rへは換えたいと思ったワケですが、111Rから他のに換えたいと本気で思ったことはまだないですねえ。
もちろんエリーゼにも小さな不満はいくつかありますが、決定的な不満はありません。
いつか、エリーゼではしんどくなる時が来るかもしれませんが、現実的なラインでは、後継機が見当たりません。
アルファのスパイダーとかはちょっとクラッときましたが、左ハンドルしかありませんし、もう少し歳とって、右ハンドルが出てたら考えようかな、というくらいです。
マツダのロードスターもいいんですが、これもエリから乗り換えるのもちょっとなあ、という感じです。
てなわけで、まだしばらくエリーゼ暮らしは続きそうです。
さて、111Rも、5年の車検ともなると、けっこういろんな部分がヤバくなってきていることでしょう。
直接的な不満はほとんどないんですが、たぶん、もうブレーキの類が交換時期でしょうね。
例の、フロント部分からの異音は、どうもやはりステアリングラックあたりが怪しいようですが、お金の都合もあって、来年の夏前まで放置プレイで行くしかなさそうです。
他にどんなヤバいコトが待ち受けているか、ちょっと楽しみでもあり相当不安でもあります。
それから、どんな代車になるかな? ってトコはかなり楽しみ。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 5:24 PM  Comments (2)

206を磨いてみたら

一気に勝負をつけようとはじめは思ったんですが、時間や天候や根性の都合で、ちびちびと作業を進めてきた206の小キズ取りですが、一応一段落つけました。
このあたりで、ちょっとまとめておこうと思います。
まず、ボンネットは、先日の記事で並べた通りで、くすみが取れて本来の光沢をかなり取り戻せました。
くすみなんかは、やはり時々磨いてやるとキレイになりますね。
小キズは、こんな感じです。
まず、左のミラー下あたりです。


次が、左のウィンカー上。


これは、娘が乗り降りする、右リアドアあたり。


それぞれ、上が磨き前、下が磨き後です。
自分としては充分満足のいくレベルです。
必死で磨いてやって、結果もついてくると、愛着もいっそう湧いてきます。
まだしばらく大事にしなきゃ。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: プジョー206 — カーマくん 6:59 PM  Comments (0)

水戸黄門

連休中の夕方、愛知県地方では、「水戸黄門」の再放送をやってました。
まあ、連休中に限らず、夕方水戸黄門の再放送をやってるのは珍しいことじゃないんですが、相当古いバージョンの再放送だったんです。
そう、黄門様が東野英治郎だったんです。
(どうやら第1部だったようです。ちなみに今第40部)
黄門様はいろんな役者さんが演じていらっしゃいますが、ワタシの中では、黄門様といったら東野英治郎、東野英治郎といったら黄門様という刷り込みが出来上がっています。
映像はめっちゃめちゃ古いんですが、黄門様にはなんの違和感もなくすっと入り込めました。
東野英治郎以外の黄門様はなんかどっか違和感があります。
逆に、東野英治郎が、なんかの映画(戦争映画)で、艦長さんやってた時はめっちゃ違和感がありましたが。
ついでに言うと、松平健なんかが普通の顔でテレビに出てると違和感のカタマリですが。
助さん・格さんもやっぱり杉良太郎・横内正のコンビが最高です。
ワタシが見た回は、たまたまなのか、まだパターンが出来上がっていなかったのか、風車の弥七は登場しませんでしたし、印籠も取り出しませんでした。
いやあ、印籠を出さない「水戸黄門」も新鮮でした(自分で名乗っちゃった)が、面白かったです。
水戸黄門ぐらい長くやってると、水戸黄門といったら○○って話で、それぞれの世代で一晩飲めそうですね。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:46 PM  Comments (4)

久々の早朝 4

さて、三河湖沿いの民宿の軒先で、自販機の缶コーヒーで一服した後、そろそろ我が家に向けて出発です。
結局今回、お目当ての彼岸花は、なかなか見つかりません。
場所によっては、土手中が真っ赤になるくらい咲いてたりするはずなんですが、今回はルートが悪かったのか、5、6本ずつのカタマリはポツポツ見られるのに、ワーッと咲いてるトコロが見つかりません。
で、結局、最後の最後にウチから10分くらいのトコロで彼岸花を見つけてパチリ。

赤い彼岸花に、赤い消火栓の看板がご愛嬌ですが、とにかく目的達成です。
なんか、こんなところでモタモタしてたら、知り合いに見つかりかねません。
彼岸花をバックに、自分のクルマの写真撮ってるトコロを見られるのもなんか照れくさいので、早々に撤収です。
8時30分頃、ウチに到着。
ウチではヨメさんと娘が朝ご飯の最中でした。
ただいま。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: ドライブ — カーマくん 7:42 PM  Comments (0)

久々の早朝 3

そういえば、彼岸花って、スゴイですよね。
いっつも、必ずお彼岸前後にきっちり咲きますよね。
桜なんて、毎年一週間や二週間平気でずれて、桜まつり実行委員の人たちをヤキモキさせてるのに。
彼岸花は、夏が暑かろうが梅雨が長かろうが、ちゃんとお彼岸に咲きます。
気温とかじゃなくて、日照時間で咲くのかな?
ま、それはともかく、今回はなかなかいい感じの彼岸花が見つからないまま、三河湖へ。

山の中のビルのような建造物が、三河湖のダム(羽布ダム)です。
三河湖沿いの民宿で、ちょっと一服。
「営業中」の看板は出ていたんですが、さすがに朝7時なので、なんにも出ませんでした。
五平餅とコーヒーにありつけたらと淡い期待をしたんですが、ま、朝7時じゃしかたないです。
あきらめて缶コーヒーで我慢します。
ところで、今、ワタシのワープロ、「ごへいもち」がぱっと変換されなかったんですが、五平餅って、全国区じゃありませんでしたっけ?
五平餅・・・知らない方がいらっしゃるといけないので蛇足ながら説明しますと、薄く切った細長い木の板に、手の平大のおはぎ状のご飯をつけ、お味噌ベースのタレを塗って焼いたものです。
このタレ、赤味噌をベースにゴマや胡桃、生姜なんかを混ぜて作りますが、お店によって味がいろいろ違ってますが、どれもみんな香ばしくて美味しいですよ。
あ、赤味噌ベースだから、中部地方だけなのかな?
あれ? また話が逸れちゃった。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: ドライブ — カーマくん 5:28 PM  Comments (3)

久々の早朝 2

さて、小回りコースで足助から三河湖方面へ抜けることにして、トコトコと走ります。
トコトコと、と言うものの、あまりトコトコ走らせてもらえません。
というのも、ワタシ、山道で一般車を煽ったりすることは決してしないんですが、一般車にしてみれば、後ろから怖いご面相の怪しいクルマが近づいてくるとイヤなんでしょうね、割とすぐに道を譲ってくれちゃうんです。
譲ってもらっちゃったからには、抜かさないわけにもいかないし、抜かすからには、あんまりトコトコもたもた走っていられないんです。
で、自然とストイックな走りになっちゃうんです。
本音は、ピャーッと走る一方で、道端で写真でも撮りながらチンタラしていたいんですけどね。
そういうことをしてる間に、また抜き返されるのもちょっとどうかと・・・。
足助までは、それなりにクルマが走っていて、ペースも変な感じなんですが、足助から三河湖へ抜ける道は、クルマがほとんど走ってません。
ま、ご存知の方はおわかりかと思いますが、普通、足助から三河湖って、あまり用事のないルートですからね。
そんな道なので、気持ち良く走って、彼岸花でも見つけたら写真でも撮って・・・なんて思ってたら、彼岸花が・・・あんまり咲いてません。
あ、でも、代わりにコスモスが咲いてます。
ちょっとパチリ。


「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: ドライブ — カーマくん 7:21 PM  Comments (2)

久々の早朝 1

久しぶりに、朝、ひとっ走りしてきました。
と言っても、特にどこへというあてもなく、何となく山の中をピャーッと走ってきただけですが。
で、思いつくまま、岡崎から足助へ向かって、足助から稲武へ向かう(と、ちょっと大回りのコース)か、三河湖あたりに戻ってくる(と、かなり小回りのコース)か、雰囲気で決めるつもりでとにかく出発。
出たのは朝6時頃ですが、オープンだともう寒い。
Tシャツに綿のセーター、念のためフリースも持って、空調はヒーターにして出発です。
今日は、出るのがちょっと遅かったからか、連休中だからか、思いの外クルマが多い。
この調子だと、稲武まで足を伸ばしても、そんなに気持ち良くは走れないかもしれません。
そんなわけで、足助からは三河湖方面への小回りコースに決定。
今回は、どこかで彼岸花でも写して帰ろうと思ってました。
ワタシ、彼岸花ってけっこう好きなんです。
そういえば、もう25年も前になりますが、大学入試の小論文で、「花に関する思い出を、随筆的な文章で書け」なんて出題がされました。
その時、最初に、花は彼岸花でいこうと決めたんですが、展開で迷った挙げ句、「彼岸花を見ると、亡くなった祖母を思い出す・・・」なんて展開にしました。
ちなみに、当時まだワタシの(同居の)ばあちゃんは立派にご健在でしたが。
心の中でばあちゃんに謝りつつ、内申書には家族構成なんて書いてないよな・・・なんてコトも心配しながらなんとか書き上げた覚えがあります。
ウソもつき通せば問題なしってコトで、この小論文、よほど出来がよかったのか、センター試験(ウソ、当時は共通一次)ではパッとしなかったんですが、なんとか逆転ですべり込むことができました。
ばあちゃん死なせちゃった以外、何書いたかあまり覚えていないんですけどね。
あ、話、メチャメチャ逸れちゃいました。
つづきは明日。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: ドライブ — カーマくん 5:12 PM  Comments (3)

206を磨いてみよう 5

写真上、違いが分かるかどうかはともかくとして、自己満足ラインは充分クリアしたので、次はボディサイドの小キズに挑みます。
ドアを当てられたキズは、超極細のコンパウンドとTシャツのコンビで、ちょっとこすってやれば、割と簡単に消えます。
これ、相手のクルマの塗料が付いてるんですね。
でも、少し凹んだ分なんかはいたしかたありません。
コレくらいの凹みでデントリペアに回すのももったいないので、ここは仕方なしにガマンです。
問題は、ちょっと爪がひっかかるような軽いひっかきキズです。
こんなヤツ。

この類のキズは、超極細コンパウンドで磨けば、まあ安全に消せるんですが、ちょっとしんどい。
ひとつだけなら、頑張って超極細でやるんですが、こんなのがいくつもあるので、これはちょっと省力化を考えないと。
で、素人がやるのは危険ともいわれたりしますが、ここは「超極細」よりひとつ粗い「極細」のコンパウンドでまずキズの周辺をやっつけましょう。
「極細」レベルだと、キズ自体が消えた後、細かいこすりキズが、それこそ「くすみ」のように残るので、こんどは超極細の液体コンパウンドとスポンジの出番です。
これを繰り返していくと、目立つキズは、かなりやっつけられますが、自分の根性と時間もかなりやっつけられたので、今回は左サイドだけやっつけて、あとは、また今度に回すことにしました。
ふう、お疲れさまでした。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: プジョー206 — カーマくん 6:47 PM  Comments (0)