206を磨いてみよう 3

さて、土曜日は予報通り、いい具合に曇っています。
朝ご飯を食べた後、さっそく作業に取りかかります。
ホントは、丸一日かけて、ゆっくりやるのがいいんでしょうけど、予報じゃいつ本降りになってもおかしくないようなコト言ってますし、ヨメさん曰く、買い物に出かけたい、というコトなので、午前中に取りあえず2時間くらいでやれるところをやってみようっと。
まずは、ボンネットからやってみましょう。
ここのくすみは、面積が広いだけに、なんだか洗車してても気が滅入る感じです。
これは、液体の超微粒子コンパウンドを使って、スポンジで磨きます。
プロはきっとこういうところは、ポリッシャーなんてしゃらくさいモノで磨くんでしょうが、素人がポリッシャー使って磨いたら、下手すると、余計ヒドイ小キズをつけかねません。
仕方なく、スポンジを使用します。
広い面積を「広く浅く」磨くなら、Tシャツの切れ端よりも断然スポンジでしょう。
が、磨くという作業に入る前に、下地処理をせねばなりません。
先週、洗車してから雨は降っていないので、サッとホコリを落として、トラップねんどを使います。
ウチは、線路のすぐ近くなので、けっこう鉄粉が飛んできているらしく、ボンネットをねんどでなぞると、ざらついた感触があります。
それでも、何回かこするうちにスーッと動くようになってきます。
一方でトラップねんどの方も、茶色っぽい汚れが付着してきます。
(余裕なくて写真撮ってません。ごめんなさい)
一通り鉄粉取りが終わったら、いよいよ磨きです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: プジョー206 — カーマくん 7:16 PM  Comments (0)