OFF系の安ビール

先日、「第3のビール」のところで書きましたが、OFF系の安ビールって、なんか少し、味が甘ったるい気がして、あんまり美味しいと感じるものが少ない感じです。
「糖質」ってモノがなんだかよく分からないんですが、なんで糖の類をOFFしてるのに、甘くなっちゃうんだろう?
ま、それはともかく、最近じゃ味も改良されてるかもしれないし、お腹もマジでちょっと気になるので、一度OFF系の安ビールを試してみるコトにしました。
酒屋さんで、一種類ずつ買ってみました。
他にもあるのかもしれませんが、とりあえず普通に手に入るのが6種類ほどあります。

左から、サントリーダイエット、キリンゼロ、アサヒオフ、アサヒスタイルフリー、キリン淡麗W、キリン淡麗グリーンです。
へえ、こうしてみると、サッポロってOFF系作ってないのかな?
たまたま店に置いてなかったのかな?
まあ、とにかく、この中から、それなりに美味しく飲めるものがあれば、しばらく続けてみようかな。
それにしても、今回試し飲み用に買った6種類だけでも、一週間分です。
しばらく普通の安ビールはおあずけです。
・・・と、原稿だけ作って寝かしていたら、サッポロから、新しいヤツが出ました。
写真にある6種類の中では、淡麗グリーンラベルが一番美味しかったんですが、この新製品(「オフの贅沢」)と飲み比べてみようと思っています。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:32 PM  Comments (0)

ロータスの新社長

ACマインズで聞いた話の受け売りです。
ワタシ、知らなかったんですが、最近、我がロータス社は、社長さんが替わったんだそうですね。
で、その、新しい社長さん、フェラーリの副社長さんだった人だそうです。
フェラーリも、360の頃は1800万くらいでしたが、F430になると2500万くらいになり、458だと3000万くらいになっちゃうようですね。
新しい社長さんは、ロータスをどうやら、そんな値段で売りたい人みたいなんです。
エヴォーラもタイミングがずれていたら、1500万だったかもしれません。
これは困りました。
確かに、エリーゼなんて、沢山売ってもあまり儲からないというのも分かります。
だから、ヨーロッパとかエヴォーラとか、売れた時に儲けの大きいモデルを出したがるのはよく分かるんですが、ロータスがフェラーリみたいになっちゃうのはマズイです。
そもそも、ロータスは、チャプマンが、財布の軽い若者にもなんとかなるようなクルマを、ということで、いろんなクルマからの流用パーツを使って、少しでも安く、というスタンスで作られたクルマだったはず。
高いフェラーリは買えなくても、ステージによってはそれ以上の走りをする、頑張れば庶民にも手の届くクルマがロータスです。
それが、フェラーリと同じ土俵に上がったら、どうにもなりません。
そもそも、ロータスのクオリティじゃ、勝負にならないでしょう。
(って、フェラーリのクオリティなんて知りませんが)
お願いです、新しい社長さん。
ロータスの立ち位置を見失わないでください。
一方、モデル末期に来ているエリーゼも、そろそろ次のモデルが控えているようです。
でも、フェイズ1からフェイズ2になって少し重くなったどころの騒ぎじゃない増え方で、ライトウェイトとは呼び難くなるようです。
軽いロータスがお好きなみなさん、今のうちかもしれませんよ。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:11 PM  Comments (2)

エヴォーラに触ってきました 5

一通り触り終えたトコロで、コーヒーを出して下さったので、コーヒーをすすりながら落ち着いて見直してみると、シュッとして、美しいクルマだと思います。
特に、最近ではLFAの、キレイなシルエットなのにちょっとクドイ写真を見せつけられていたせいか、スマートな印象です。
はじめ気になった大きさも、少し慣れて、よく考えてみれば、室内で見るから大きく感じますが、最近のデカくなった他のクルマと比べれば、それほど大き過ぎないとも思います。

シュッとしてスマートなクルマですが、走りはロータスそのもので、エリなんかより、ずっとコントローラブルだそうです。
この個体は、イギリスを走り回った後日本に来て、ロータス・デイなんかで富士を走ったモノであるためか、リアタイヤは、おいしそうに溶けてました。

このタイヤの様子を見ても、淡々と高速を走るGTカーの真似事もできる一方で、ドリドリとコーナーで振り回すこともできるクルマのようですね。
さて、この、900万のクルマ、売れるんでしょうか?
LFAを買おうと思ったら4台買えちゃいますが、それにしても、ワタシのような庶民は、エリ+ワゴンとか考えちゃいますし、お金持ちは、FとかPとかに流れそうです。
ケイマンやボクスターのお客さんをどれだけ食えるかな。
お金のある人は、是非、ケイマンやボクスターよりエヴォーラを買ってください。
ロータスをちょっと潤わしてやってください。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:39 PM  Comments (0)

エヴォーラに触ってきました 4

インパネ回りは、なかなかカッコいいです。

へえ、スピードメーターは180までなんだ、なんて思っていたら、後で他のお客さんが「メーター、180までなんだねえ」と言った時に、店長さんが「それ、マイル」とおっしゃって爆笑してました。
参考までに、180マイルは約290キロです。
ドラポジで苦になったのは、ペダルがかなりオフセットしていることです。
右ハンドル仕様だったんですが、それぞれのペダルがかなり左に寄っている上、アクセルペダルとブレーキペダルが異様に近く、これは慣れないとちょっと運転しづらいかもしれません。
エリのペダル配置はかなりまっとうだと思うんですが、エヴォーラは、どうしたんでしょう?
もしかしたら、リアシートをねじ込むために、フロントシートが無理に前に出されているのかもしれません。
そう考えれば、乗降時に足がひっかかるようなシートとドア前端の関係も合点が行きます。
もし、ホントにリアシートのためにこのあたりの破綻が出ているとすれば、ちょっと残念です。
それから、ステアリングは下辺が削り取られたD型で、これはスペースを稼いで足との干渉を防ぐためなんでしょうが、個人的には、偏心していたり、まん丸でないステアリングはちょっと苦手です。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:38 PM  Comments (0)

エヴォーラに触ってきました 3

トランクスペースは、スタンダードに比べて狭く(浅く)なったエリーゼ111Rよりも、さらに小さい感じです。
エリのトランクの容量の数字的なものは分からないんですが、エヴォーラは160リットルだそうです。
このへんは、ポルシェに負け負けだなあ。

さて、運転席に移ります。
サイドシルは、エリに比べると随分下げられて、敷居が低くなっていますが、思ったより乗り込みづらかったです。
これは、サイドシルの高さの問題というより、シートの背もたれやお尻の位置と、ドアパネル前端の位置と、ステアリングの位置との関係かなあ。
とにかく、お尻を滑り込ませるのはラクなんですが、足の抜き差しがしづらくて、思いきりドアを開いてやらないと、足がひっかかるんです。
この調子だと、エリと同じように、乗り降りの時にシートを動かした方がラクそうです。
室内は、基本的に革張りで、落ち着いた印象です。
エリなんかと比べるのが申し訳ないくらい、しっかりちゃんと出来ています。
高級車です。
そうそう、高級車って言えば、こんなモノまでありました。

肘掛けです。
GTカーですね。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:11 PM  Comments (0)

エヴォーラに触ってきました 2

店長さんが気さくに、「座ってみていいよ」とおっしゃってくださったので、遠慮なく座らせていただきました。

まず、リアシートに(笑)。
・・・無理です(爆)。

これは、大人相手には、完全に無理です。
狭いリアシートにはいろいろ座りましたが、たぶん、史上最狭です(爆)。
あれほど狭かったFDのリアシートがソファに思えます。
昔、一度だけ座ったことのある、初代CR-Xの「ワンマイル・リアシート」より、たぶん狭い。
iQの右リアシートよりも全然狭い。
何がイケナイって、FDにせよ、CR-Xにせよ、一応、お尻をうーんと落とし込ませて、体操座りのような、膝を抱える姿勢を取れば、なんとか多少首を曲げる程度で座れるんですが、エヴォーラは、ダメです。
そもそも、本気で座らせようと思ってないんじゃないかな、ロータス。
写真見ていただけると分かると思いますが、一見、すごくちゃんとしたシートでしょ。
でも、全然お尻の位置を下げてないから、ヘッドスペースが圧倒的に狭いんです・・・いや、ヘッドスペースがないんです。
ワタシの身長だと・・・もとい、座高だと、首を90度くらい曲げても天井に頭がこすっています。
それに、お尻を落とさないということは、体の構造として、膝が上に上がらず、前に出てしまうから、フロントシートにつかえて、レッグルームも狭くなってるわけです。
これは、危険ですらあります。
法律的に許されても、人道的には許されないレベル、罰ゲームよりも拷問に近いレベルです。
もっとも、小学生くらいまでの小柄な子供ならちゃんと座れるでしょうから、「ロータスで家族旅行」という夢を実現させられるかもしれません。
とにかく、リアシートは、ケイマンやボクスターに対する大きなアドバンテージになるはずの武器なので、どうせ付けるならもう少しだけ詰めた設計をしてほしかったなあ。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:48 PM  Comments (2)

エヴォーラに触ってきました 1

昨日書いた、「東京モーターショー岡崎支店」というのは、全く大袈裟です。
過大な期待をなさった方、ごめんなさい。
今、日本にエヴォーラは2台だそうですが、1台が本家東京モーターショーで遠巻きに多くのクルマ好きの方をお相手していて、もう1台が、ACマインズさんに来ていて、数少ないロータス好きの方のお相手をしてくれています。
そうです、生エヴォーラに触ってきたんです。
さて、その、初めて見た生エヴォーラの第一印象ですが、
「でかっ!」
でした。
ACマインズの、それほど大きくないショールームには、普段、エリとエクの2台が並んでいます。
その、2台分のスペースを使って、エヴォーラが1台、ドーンと構えています。
無理すればエリがもう1台くらい入らないこともなさそうですが、ショールームとして考えると、やっぱり1台でいっぱいいっぱいですね。


店長さんに断って、写真もいっぱい撮らせてもらいました。
写真で見るよりは、ちょっとカッコいいかな。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 5:02 PM  Comments (7)

東京モーターショー

いよいよ今日から、東京モーターショーが始まりましたね。
って、ワタシ、最近の東京モーターショー、あんまり興味無かったんです。
だって、各社ともエコエコエコエコエコエコエコ・・・・
夢のクルマの競演であってほしいモーターショーなのに、夢も希望もない感じがしちゃって。
・・・とエコ嫌いなワタシ。
だから、今年も、モーターショー自体は、そんなに興味ないんです。
じゃ、なんで、話題にしてるかと言えば、史上最小規模の113社というお寒い状況がさすがに悲しいわけです。
前回から半減とかは、まあ、仕方ないにしても、上海モーターショーは1500社って、どゆこと?
ワタシ、愛国心なんて大して持ち合わせてないんですが、アジアで一番でない日本ってちょっと悲しく思っちゃいます。
それにしても、1500社って、ナニ?
自動車関連の会社って、そんなにあるの!? って感じです。
まあ、もちろん自動車メーカーだけじゃないにしても、自動車の構成部品のひとつひとつのメーカーが全部出てきてるんですかねえ。
今回、こんなお寒い状況のモーターショーですが、我がロータス社は張り切って出展しています。
素晴らしい!
あと、レクサスLFAは、やっぱり明るい話題ですね。
クルマが夢や憧れの対象でなくなってきているとは言え、やっぱりメーカーには、モーターショーで、夢や憧れの対象となる提案をしていってもらいたいものです。
まあ、それでも、スペース的にも余裕があるようですし、近かったら見に行きたいなあ。
と、思っていたら、近くでワタシにとっての「東京モーターショー岡崎支店」が開催されていることを知り、早速出かけたのでした。
その様子はまた明日。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:43 PM  Comments (0)

レクサスLFA 2

サイズは、全高が1220mmという以外よく分からないんですが、スープラより、ちょっと小さいくらいでしょうか。
バランスは悪くないですね。
高回転・高出力型の新開発の4.8リッターV10エンジンは560馬力!
ハイブリッドだエコ替えだと言ってる会社の姿勢はどうなってるんだなんてヤボはこの際、言いっこなしで、あのトヨタが、このご時世にこんなクルマを出したコトは喝采に値しますね。
軽量化も頑張ったようで、1480キロですか。
アルミフレームに、CFRP(カーボンFRP)のボディ。
この辺が高くなってる理由かな?
この金額(3750万円)で、この車格なら、4WDとかミドシップとかもありそうですが、ホビダスによると、「“意のままのコントロール”にこだわったからだ」そうです。
まあ、FRだからって、3750万のクルマを振り回す人はそうそういないでしょうけどね。
そもそも、「意のままにコントロール」するって、よく使われる割に分からない表現です。
だって、ミドだってFFだって、限界超えなきゃ、よっぽど「意のまま」ですもんね。
ま、そんなことはともかく、好きかキライかとか、カッコいいかそうでもないかとかは置いておいて、トヨタがこれを出した意義は大きいですね。
個人的には、言い訳がましくレクサスで出すんでなく、トヨタブランドで出してたら、大拍手大喝采だったんですけどね。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:08 PM  Comments (3)

レクサスLFA 1

ここは話題に乗っておかなきゃいけないっしょ、というわけで、レクサスLFAです。
中部地方の定番新聞、「中日新聞」でも、10/22付けの経済面にデカデカと載っています。
(余談ですが、東京モーターショーの記事で、「不況」というでっかい文字の隣にロータスのブースの写真が載ってました(涙))
で、とりあえず、値段にビックリ、の3750万円。
ウッヒャー! 家が買えちゃいます。
細かい中身がよく分かりませんので、この金額が妥当なものなのかの判断はつきませんが、このご時世、3750万円のクルマを出そうというトヨタ、見直しました。
あっぱれあっぱれ。
ネットなんかで、スタイルもいろんな角度から見られますが、カッコいい・・・かな?
好みは分かれると思いますが、ワタシはちょっとパス。
空気の出入り口がやたら多いのがちょっと苦になります。
ラン○ボならともかく、レクサスなんだから、もう少しスッキリしててもいいかな。
そもそもFRなのに、後輪前のエアインテークと、デザイン上の最大の特徴の、リアクォーターウィンドーにかかっている小さいエアインテークは、何のためなんでしょうか。
・・・と思ったら、リアラジエターなんですね、LFA。
へえ、なんでリアにラジエター?
重量配分のため?
前後48:52?(あら、後ろのほうが重いんだ!?)
でも、概ねカッコいいとは思います。
横から見たシルエットなんか美しいですね。
皆さんがご指摘のテールランプ下の処理がR8っぽいのはご愛嬌ですね。
あ、案外長くなったのでまた明日。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:49 PM  Comments (3)