防眩ミラー

ファンカー号に乗っていて、「そういえば」と思ったことが、いくつかあります。
別にファンカーゴに限らず、いろんなクルマに普通にある装備について、何点か書いてみたいと思います。
まず、防眩ミラーです。
ワタシは、クルマを買うと、すぐにカー用品店で売っているいわゆる「ワイドミラー」を付けちゃうんで、普段ほとんど関係ないんですが、あの、「防眩ミラー」って、便利なんでしょうか?
昔は、クルマのカタログなんかにもけっこう宣伝できるような装備として載っていたと思うんですが、最近は、もう当たり前になってるようで、取りたててカタログなんかで謳われてませんよね。
で、たいていごく普通に標準装備されていると思うんですが、あの、防眩式ルームミラー、どうなんでしょう?
たいていはミラーの下に小さなツマミが付いていて、それをいじると、後ろの風景が、虚像のような感じで暗ーくなりますね。
ワイドミラーとかを付けていらっしゃらない方って、まさか、毎晩あれを切り替えていらっしゃるんでしょうか?
高級車になると、自動で切り替わったりするんでしょうか?
少なくともワタシは、ファンカー号では切り替えてません。
でも、今書きながら考えていたんですが、エリーゼのような低いクルマは、後ろにトラックやミニバンみたいな背の高い(ライトの位置の高い)クルマが来ると、確かに眩しいと思う時があります。
そういう時に切り替えればいいのかな?
でも、異常に暗くなっちゃうし、それまでと見え具合が変わるっていうのは、どうも気持ちが悪い。
そんなわけで、ワタシにとって、防眩ミラーって、限りなく近くて遠い存在なんですが、どなたか防眩ミラーの正しい使い方をご存知の方、教えてください。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:12 PM  Comments (6)