ゴジラ 1

おまけ付本・・・いや、パンフレット付きおまけで有名な、デアゴスティーニの最新シリーズは、「東宝特撮映画DVDコレクション」というものです。
東宝の特撮映画といえば、もちろんゴジラですね。
ワタシは、映画館上映ではリアルタイムではなく、子どもの頃、夏休みや冬休みに必ずやってたテレビ放映で見たクチですが、懐かしい、古き良き昭和の匂いプンプンの映画ですね。
でも、そのゴジラの第一作は、観たコトが無いんです。
ゴジラも、人気が出て、いろんな続編が作られるようになると、だんだんとおかしなコトになってしまうようで、ミニラとか出てくるともういろんな意味で泣いちゃった人が多いんではないでしょうか。
ワタシ、子どもの頃は、キングギドラがいちばん好きだったんですが、たぶん、脚本的には、キングギドラの登場あたりからあさっての方向へ行きはじめたみたいですね。
段々と、凶悪な怪獣から、なぜか地球を守るヒーロー怪獣になって行っちゃうにつれ、顔つきもなんだか優しくなって動きもコミカルになって行くようです。
これじゃいかんと思ったのか、1984年にまた凶悪な怪獣として甦ったりしますが(沢口靖子って、これ、デビューでしたっけ?)、結局、いつももっと悪い怪獣が出てくる都合で、相対的にまたいいヤツになっちゃうという無限ループに陥って行きますね。
繰り返しになりますが、その、第一作、1954年の「ゴジラ」は、観たコト無いんですが、今さらテレビじゃなかなかやらないし、わざわざビデオ借りたりするのも面倒くさい。
で、観てみたいと思いながらずーっと観てなかったんですが、最近デアゴスティーニから出たんで、本屋に行ったついでに、なんとなく買ってみたわけです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:46 PM  Comments (3)