馬力表示

この前、トヨタのFT-86の記事を書いていて、「230ps」なんて書いてたら、ふと思いました。
そういえば、馬力表示って、「ps」やめるんじゃなかったっけ?
「kW(キロワット)」表示にするんじゃ?
と思って、雑誌なんかを見てみたら、Tipo誌はHP表示、オートカー誌とカーマガジン誌は「ps」表示で、「kW」表示はしてないみたいですね。
カーアンドドライバー誌は「kW(ps)」という書き方、カーグラフィック誌は「ps(kW)」という書き方で、まちまちです。
ネコパブはなんか馬力にこだわってる感じですが、カーグラなんかも、諸元として紹介してあるところは「ps(kW)」でも、記事として文章中ではps一本のところもあります。
一方カタログは、やはり「kW(ps)」が主流みたいです。
ちなみにエリーゼ111Rは141kW(192ps)。
電気に弱いワタシなんかだと、kWなんて表示をされると、発電してるみたいで全然ピンと来ません。
やっぱりクルマの力は馬力で表示する方が雰囲気出ますよね。
(この際、トルクの話は置いておきますが)
「オレのクルマ、379キロワットだ」って言われても、なんかエアコンやドライヤーのような感じで妙です。
「オレのクルマ、515馬力だ」の方が、おおスゴイという感じは伝わりますね。
変なたとえですが、ドライヤー379個分というより、ウマ515頭分の方が速そうな感じはしますが、ドライヤー379個は、相当熱そうですね(苦笑)。
(いや、ワタシだって、1馬力がウマ1頭分ってワケじゃないことくらい知ってますよ・・・でも、ウマ1頭って、何馬力?)
何となくですが、クルマの力の表示までキロワットとか言ってるのも、クルマ好きな人が増えない一因なんじゃないかなあ。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:28 PM  Comments (3)