ハイブリッド逆騒音規制

とうとう、「静か過ぎる」ハイブリッド車に、低速時にエンジン音を出す装置の取り付けを義務化するようなハナシが現実的になってきました。
うーん、難しい問題ですね。
個人的には、メチャメチャ反対なんですが、実際、聴覚の弱い方なんかが危険に感じているんだとすれば、我々健常者が口を出しづらい問題でもあります。
でも、反対です。
○○省ってトコロは、企業の技術開発をなんだと思っているんでしょうね。
今回の「静か過ぎるからうるさくしなさい」もそうですし、第二、第三のビールあたりに、すぐに税金をかけようとしたり。
一口にハイブリッドと言っても、ホンダのマイルドハイブリッドなんかは、エンジンがずーっと動いてるわけですから、必要ないはずですが、どうなんでしょう?
それに、ハイブリッドでなくても、クラウンだとかセルシオ、LSみたいなトヨタの高級車や、ロータリーエンジンのクルマなんかは、エンジンを搭載していてもメチャメチャ静かなんですが、このあたりは、当然、対象外でしょうね。
前に書いたことあると思うんですが、ノーマルマフラーのFDに乗っていた時は、ゆっくり走っている時、前を歩くおじいさんとかに気づいてもらえなくて困った経験が何度かあります。
逆に、プリウスだって、低速走行していれば、タイヤの走行音がしますから、昔のSF映画のように、全く無音でシューッと近づいてくるわけでもありません。
それに、最近では、トラックなんかがハイブリッド積みはじめたおかげで、交差点や、住宅街の一旦停止なんかでは発進時の騒音が減少しているとも聞いています。
静かなクルマは、ハイブリッドでなくても静かなのに、今になって急に、ハイブリッドだけに規制をかけようというのがどうも気分悪いんです。
ともあれ、低速で静か過ぎるクルマが危険かどうかは、運転する人のマナーひとつで大きく変わってくる気もするんですが。
エンジン音で脅かして歩行者をどけて走るわけじゃありませんからね。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:14 PM  Comments (0)