取説 2

その後、「車両識別」の話になり、セキュリティーの話へとつながっていくんですが、その前に、
警告:むやみな改造や非認定部品の部品の取り付けなどは、車両の安全を損なう恐れがあります。
あ、しっかりクギ刺されちゃった。
それにしても、セキュリティーの話、サッと読んだだけでは、全然わかりません。
(ま、こーゆーコトは、わかったとしても、ブログには書けませんが)
さて、「ドア開閉と運転姿勢」のコーナーでは、イキナリこんなコトが書かれています。
警告:非常に暑いまたは寒い場所あるいは極端に日射しが強い状況では、車内の露出金属部に注意してください。これらの金属部が著しい高温または低温になっている場合、ヤケドや皮膚の張り付きなどのケガの原因になります。
って、言うけど、ノーマルだとサイドブレーキレバーも、シフトノブもアルミの金属むき出しですよね。
「チャイルドシート」というページが1ページ分ちゃんとあります。
「弊社では、エリーゼやエキシージにお子さまを乗せることを推奨していません。お子さまは適切な拘束装置を使って車のリヤシートに乗せるとより安全であることが事故統計で示されていますが、本車ではその種のオプションが用意されていません。」
「その種のオプション」って、「適切な拘束装置」? それとも「リヤシート」?
まあ、オプション・・・無理だろうなあ。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 6:52 PM  Comments (0)

取説 1

111Rになって5年ですが、取説なんて、あんまりしっかり読み込んでません。
STDの時は、英語の得意な知り合いに必要そうなところだけ翻訳してもらって、あとは自力で必死で読んだものですが、まあロータスといえど、そんなに特殊な使い方があるワケではないコトがわかってきたので、111Rになってからは、日本語の取説ではありますが、はじめにサラサラっと斜め読みしただけでした。
ここらで、ブログのネタ不足解消のためにも、一度、ちゃんと読んでみましょう。
まず、「はじめに」とあって、出だしはこんなです。
「ロータス製品をお買いあげいただき、誠にありがとうございます。ロータスファミリーへようこそ!
 エリーゼおよびエキシージは、個性的なスタイルと効率的なパッケージングとともに運転する楽しみがわかるドライバーのために設計されたライトウエイトスポーツカーです。」
おお、ここは、5年前にも読みましたが、なかなか気分を高揚させてくれる出だしです。
国産車の取説なんて、それこそ読んだコトありませんが、「運転する楽しみ」とか、「スポーツカーです」って言葉を堂々と謳っているところはすばらしいですね。
で、そのちょっと後に、こう続きます。
「本書では、人が障害を受ける危険性が高いことは『警告』として太字で説明しています。これらの指示を守らないと人の死亡または傷害につながる恐れが高いことを示しています。この車を使用するうえで起こりえる『あらゆる潜在的な危険』(ドライバーが常に自分の感覚で判断しなければならないようなこと)を認識することは、不可能であるし現実的でもありません。自動車は、本質的に乗員あるいは乗員以外の人が死亡したり傷害を受ける可能性があり、責任を持って注意深く使わなければならない製品であることを理解してください。」
おお! のっけからかなり厳しいお言葉です。
おっしゃる通りです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 5:08 PM  Comments (4)

くらべる図鑑

子ども向けの図鑑って、昔からいっぱいありますが、最近のベストセラーで、小学館の「くらべる図鑑」というのがあります。
動物の大きさとか、重さとか、そんなものを分かりやすい絵でまさに比べて説明してくれます。
大人が読んでも・・・というか、見ても、単純に面白いと思わせます。
今の動物の中ではシロナガスクジラが一番大きくて、30mくらいあるっていう知識はあっても、じゃあ、シロナガスクジラって、人間と比べるとどんな感じなの? というような素朴な疑問が分かりやすく絵で描かれています。
恐竜なんかも、大きいことはわかっていても、実際のところはピンと来ないもんですが、いろんな恐竜が街の交差点をウロウロしているイラストなんかもあったりして、こうなると、大きさの様子がかなりリアルに実感できます。
個人的にも面白いし、5歳になった娘に買ってやってもいいかな、と思って、本屋さんで立ち読みしていたら、スピードを比べているコーナーもありました。
25mプールでカジキやマグロや人やシロクマやナマケモノなんかをレースさせてみたりしています。
25mプールってのは、やはり小学生なんかにとっては50mプールより身近で、イメージしやすいんでしょうね。
乗り物のスピード比べもあります。
例の、SR-71ブラックバードからエアバス、地上を走るジェットカーやリニアモーターカー、新幹線からパワーボート、蒸気機関車、自転車に、小学生、ライト・フライヤー1号まで、ありとあらゆる乗り物のスピードが比べてあります。
その中で、一応市販されている乗用車が4車種載っています。
何が載っているか、お分かりになりますか?
・・・って、たぶん、絶対わかりませんね。
遅い方から順に、カローラ(100km/h)その次が、ポルシェ911カレラS(302km/h)、そしてマクラーレンF1(387km/h)、最速がSSCアルティメット・エアロTT(434km/h)でした。
うーん、なんか独特な選択ですね。
でも、とってもよくわかっていらっしゃる。
脱帽です。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:38 PM  Comments (2)

ヴェンチュリー

輸入車激濃地区の岡崎には、大手から小さいトコロまで、輸入車や輸入中古車を扱うお店がちょいちょいあります。
そんな、小さな中古車屋さんで、先日、珍しいクルマを見つけました。
ヴェンチュリーです。
おお、このクルマ、日本に入ってきてたんだなあ。
何となく、昔の自動車雑誌のスポーツカー特集なんかでたまに見ていたくらいで、フランスのスポーツカー程度の知識しかありませんでした。
スタイルは、リトラクタブルライトに、ファストバックで、決して悪くないんですが、ミドシップなのに国産の2+2スポーツカーみたいな、ちょっとお安めの雰囲気です。
300万円ならまだしも、1000万円出して買うのはちょっとツライかなあ、というものでした。
でも、バランスは悪くなくて、プレーンなスタイルなので、もう20年以上昔のデビューですが、殊更古くさくも感じません。
ちょうど、鈴木京香さんのような、20代前半の頃から今でも、「ずーっと34歳」みたいな、はじめっからちょっと古いんだけど、時間が経ってもちょっとしか古くないという、不思議なデザインです。
ちょっと調べてみたら、あの「Wikipedia」でも情報が薄い薄い。
ほとんどわかりません。
3000ccくらいで、ATのミド。
2シーターでマイチェン版のアトランティックってヤツで985万円。
うーん、ほとんど、手を出すきっかけがつかめないスペックです。
そのお店では、たしか315万で出てましたから、興味をお持ちの方、ぜひ人柱になってみてください。
あ、ちなみに、右ハンドルでした。
試乗させてもらえないかな。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 8:16 PM  Comments (0)

シンジケート?

エリに乗って8年弱、今の111Rになって5年以上経ちますが、目の前にあって、いつも見えているはずなのに、全然気づきませんでした。
え、何がって?
ワイパーの根元です。
実際は、STDの時と今の111Rでは、ワイパーアームの形状が若干違う(違ってたと思う)ので、STDではどうだったか分かりませんし、今のエリーゼのワイパーアームの同じなんだかわかりませんが、とにかく、書いてあったんです。
SYNDICATE
シ、シンジケート!?
何なんでしょう? シンジケート。
イメージとしては、やっぱり麻薬シンジケートとか、そういう犯罪のイメージと切っても切り離せません、シンジケート。
エリーゼって、麻薬みたいなヤバいものなんでしょうか?
・・・あ、当たってるじゃん。
これ見つかったら、逮捕されないかな。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 7:36 PM  Comments (5)

ドアボタン

冬になって、例の異音は治まっているので、今のところエリは好調なんですが、先日、いつも通り職場の駐車場で降りて、ドアボタンにカギを差し込んで回そうとしたら、あれ、なんかひっかかってる感じで回りません。
あ、申し遅れましたが、ワタシ、リモコンドアロックは使ってません。
いちいちカギをカギ穴に差し込んでロックしてます。
だって、前に、セキュリティーが誤作動して大変な目に遭ったり、「EOS」の掲示板で、外から解除できず、自分のクルマに閉め出されたなんてせつない報告があったりで、全然信用できないですから、エリのリモコンドアロック。
そんなわけで、毎度毎度、手動でロックしてる次第ですが、これがなんかひっかかる感じで回らないんです。
一瞬の間に、今日はリモコンロックで閉めるか、とか、開けっ放しにしておくか、とかいろんなコトを考えましたが、一度カギを抜いて、深呼吸して気持ちを落ち着かせ、ちょっとドアボタンを押してみて(と言っても、ドアが開かない程度に押してみて)からもう一度カギを差し込んで、回してみたら、ああ、よかった、回りました。
帰り、朝の出来事なんて忘れて、何の気なしにカギを差し込んで回してみようとしたら、あ、また回んない。
ここは、焦ることなく、また朝と同じように軽くドアボタンを押してから、再チャレンジしたら、やっぱり開きました。
大したトラブルではないんですが、いちいちドアボタンを軽く押したりとかしなきゃならないのは煩わしいなあ。
CRCかなんかぶっかけたら治らないかなあ。
ってんで、早速カギ穴と、ボタンの周囲にCRCをチュッとやってやったら、一発解決でした。
さすがCRC 。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 7:48 PM  Comments (2)

マスク

ここ数日、ちょっとカゼ気味で、マスクをつけて生活してます。
でも、ワタシ、マスク苦手なんです。
だって、苦しいんだもん。
日中、仕事してる時も、なんか頭に酸素が行っていない感じでぼんやりしてしまいますし、ちょっと動くと、まるで山にでも登ったような、薄い空気しか吸えない感じですぐに息切れしてしまいます。
よく、マラソン選手なんかが、標高の高いトコロへ行って高地トレーニングなんかしてますが、普段からマスク掛けてれば、立派に酸欠状態を作り出せる気がします。
夜、寝る時も、咳が出るのでマスクを掛けるんですが、気がつくと夜中に「ブハーッ!!」と、もがきながらマスクをむしり取っています。
それに、自分の息とは言え、一日マスク掛けてるとやっぱり臭くなってきます。
なんか、精神的に追いつめられていきます。
あと、マスクが嫌いなコトとは関係ありませんが、なんだか、マスクを掛けていると、ヒゲの成長が早い気がしますが、みなさんいかがですか?
いや、気のせいに決まってますが、なんとなく、マスクを掛けていた翌日って、いつものようにブラウンでヒゲを剃って、外刃を外してカンカンってやると、普段よりヒゲの粉がたくさん出てくる気がするんですよね。
気のせい・・・ですね。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 8:03 PM  Comments (0)

凶悪なウルトラマン

ちょっと前のネットのニュースで、「初めての凶悪な顔のウルトラマン」てなコトが書いてありまして、面白半分で見てみたら、なんか、映画の宣伝だそうで、ポスターなのか、イメージ画像なのか、とにかく写真がありました。
どうやら、悪役のウルトラマンがとうとう出てくるそうで、今までにも、たまに悪役のウルトラマンはいたそうですが、顔まで凶悪なウルトラマンは初めてなんだそうです。
うーん、確かに、凶悪な顔です。
目つきが鋭く、ギギッとつり上がっています。
これに比べたら、エリーゼは優しい顔つきです。
口も彫りがやたら深く、ちょうど、お面で有名な「鬼=般若」の口元そっくりです。
そしてウルトラセブンの必殺モヒカン・・・じゃなかった、アイスラッガー(アイ・スラッガー? アイス・ラッガー?)にあたるものが、2本もある!
これ、たぶんまさに般若のイメージなんでしょうね。
・・・ん?
後ろになんか、背後霊のような顔があるぞ?
・・・あ!
後ろにもっと凶悪な顔のヤツがいました。
なんか見えにくいんですが、目の下が二股に分かれていて(カニのはさみみたい)、なんか、ベロ出してるっぽい口が見えます。
ああ、なんだ、コイツだったのか!
確かにこりゃ凶悪だ。
凶悪というより、分かりやすい悪役と言いましょうか。
じゃ、ポスターの真ん中の正面に写ってる般若顔のウルトラマンは・・・?
おお、どうやら、主役の、ウルトラマンゼロさんなんだそうです。
なんでも、ウルトラセブンの息子さんだそうで、「凶悪」なんて言ってごめんなさい。
ワタシを退治しないでください。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 5:17 PM  Comments (2)

日本語変換

日本語変換、個人的に意外と面白かったので、カメラメーカー以外でも試してみました。
やっぱり、まずはクルマメーカー。
「とよた」は「トヨタ」が1番で、英語なし。
「にっさん」は「日産」が1番で、これも英語なし。
「ほんだ」は「ホンダ」が1番で、えっ!? 「Honda」がある!
「まつだ」は「マツダ」が1番で、英語なし。
「みつびし」は「三菱」が1番で、英語なし。
「すずき」は「鈴木」が1番で、英語なし。
「だいはつ」は「ダイハツ」が1番で、英語なし。
「すばる」は「スバル」が1番で、英語なし。
「ろーたす」は「ロータス」が1番で、「Lotus」が出ました(感涙)!
「ふぇらーり」は「フェラーリ」が1番で、「Ferrari」が出ます。
「べんつ」は「ベンツ」が1番で、「Benz」が出ます。
「ぽるしぇ」は「ポルシェ」が1番で、「Porsche」があります。
「ぷじょー」は「プジョー」が1番で、「Peugeot」が出ました!
うーん、海外メーカーは分かりますが、なぜホンダだけ、「Honda」が出るんでしょう?
それに、カメラメーカーが、キャノンなんかを除いてそこそこのメーカーはほぼ英語変換されるのに、どうして自動車メーカーはほとんど出ないんでしょう?
プログラムした人、絶対クルマよりカメラが好きなんだろうな。
で、きっとホンダ車に乗ってるんでしょう。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 5:10 PM  Comments (0)

カメラの話 番外編

「カメラの話」の中で、いろんなカメラ会社の名前を出しましたが、ウチのワープロ・・・というか、日本語変換ソフト、けっこう名前を上手に変換してくれるコトに気づきました。
「にこん」と打ち込むと、「Nikon」と出ます。
「おりんぱす」も「Olympus」
「みのるた」は「Minolta」
「こにか」は「Konica」
てな感じで、英語の綴りで変換されてきました。
でも、どういう事情か、
「きゃのん」は「キャノン」と出てきて、英語変換されません。
「ぺんたっくす」もダメでした。
で、本編に出てきていないものも試してみました。
「やしか」は「ヤシ科」と一番はじめに出ました(爆)が、英語なし。
「りこー」は「Ricoh」が出ました(ただし2番目)。
「まみや」は「真美や」って誰や? 英語なし。
「ふじ」は「富士」と、まあまっとうなお答えで、英語なし。
カメラも作っているメーカーだと、
「そにー」は「ソニー」が1番、「SONY」が2番目。
「かしお」は「カシオ」が1番、「Casio」が2番目。
「ぱなそにっく」は「パナソニック」が1番、「Panasonic」が2番。
洋モノ代表で、かの「らいか」は「来夏」で、英語(ドイツ語?)なし。
昔のカメラメーカーは、出ないだろうなあと思ったら・・・。
「こんたっくす」は「CONTAX」・・・出た!
「きょうせら」は「京セラ」。
カメラメーカーの変換、意外と奥深い。
ちなみに、ワタシの日本語変換ソフトは、「EG Bridge」というマック専用? のものです。
ほかので試してみようと思ったんですが、あれ? 「Atok」も「ことえり」もどっか行っちゃった。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:10 PM  Comments (0)