シトロエンXM

先日、娘が幼稚園で仲良くさせていただいてる子のお宅へ、ヨメさんと娘が遊びに行ってきました。
その子のママさんとウチのヨメさんが話してる中で、どうも、そのママさん、クルマにそこそこ詳しいことが分かってきました。
なんせ、エリーゼというクルマのことをご存知だったそうで、幼稚園児のお母さんには珍しい方ですね。
それは、どうやら旦那さんの影響のようです。
なんでも、旦那さん、シトロエンのXMに乗っていらっしゃるんだそうです。
ママさんは、ワタシがエリで通勤してることに驚いていらっしゃったそうですが、ワタシから見ると、XMで通勤していらっしゃる旦那さんの方が、よほど「剛の者」だと思います(笑)。
XMというクルマ、ワタシはそれほどよく知らないんですが、20年ほど前のデビューだったと思います。
昔からのシトロエンらしいシトロエンと、新しいシトロエンのちょうど過渡期のイメージです。
シュッとした、スマートな直線で構成される5ドアで、カッコいいですね。
シトロエンっぽいアクの強さは、そこここに見られますが、全体的にはそんなにくせ者でない、キレイなラインで、多くの人に受け入れられやすそうですね。
でも、スタイルはともかく、やっぱ、シトロエンって、敷居が高いなあ。
やっぱり、例のハイドロの信頼性がネックかなあ。
今じゃ、ハイドロがいかれて、ブレーキを含めた油圧系が全滅なんてことはないんでしょうが、どうも、謎の球体(スフィア)とか、ワタシの理解を超越してるトコロにあるクルマです。
でも、ハイドロは一度も経験していないので、こんどシトロエン屋さん(ルノー屋さん)で、最新のハイドロに乗らしてもらおうっと。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 7:38 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

4件のコメント »
  1. 昔、ジャカルの日の映画化の中で大統領専用車DSのかっこよかったこと、憧れ車の一つでした。
    過渡期的な時代だったかもしれませんが、未来車の表現の一つでしたが、陳腐化せず現代でも通用していますね。

    コメント by naruo — 2009年11月14日 8:58 AM
  2. 「ジャッカルの日」はたぶん観てないと思うんですが、大統領専用のDSとは、なんかセンスの違いを痛感します。
    聞くところによると、最近のハイドロは、クルマが重くて低速ではなかなか違いが感じられないそうですが、ホントに一度ハイドロらしさを味わってみたいです。

    コメント by カーマくん — 2009年11月14日 5:54 PM
  3. XMは数年前に欲しくなって、ちょっと見に行ったりしたことがあります。すごく欲しかったんですが、サイズがでかすぎた(そこがイイんですけど・・)のと、ちょいと壊れちゃうと車検が200マンとか言われてしまって止めました。
    なんか、あのクルマだと200マンは「ホントっぽいぞ」とワタシは思いました。
    今でも欲しいっす。どのくらい壊れるのか、カーマくん是非調査してください。人柱でもいいです。

    コメント by yuk — 2009年11月16日 4:51 PM
  4. 無理です(笑)。
    ちょっと壊れちゃうと200マンって、手も足も出ません(涙)。
    ワタシは、ちょっと壊れて20マンのエリーゼと206を維持するだけでいっぱいいっぱいです。
    それでもちょっと乗ってみたい、ちょっと古いシトロエンって、Fあたりよりもよっぽど魔物ですね(爆)。

    コメント by カーマくん — 2009年11月16日 7:54 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">