vs.ダイハツネイキッド 1

エリーゼがHID換装のために一泊入庫した時の代車は、ダイハツのネイキッドでした。
99年から5年間にわたって生産され、その後、後継もなくひっそりと消えていったクルマです。
スタイルは、ボクシーで、ドアヒンジが外付けになっていたり、要所要所にボルトがむき出しになっているなど、レトロな雰囲気と武骨な雰囲気を併せ持ち、好き嫌いの分かれるスタイルだと思います。
そのせいか、あんまりヒットしなかったですね。
バンパーやフロントグリルに露出したボルトは、簡単に外板を取り換えられて、自分好みのスタイルを作ることが可能という、面白いアイデアでしたが、タマに見るネイキッドで、その辺りをいじっているクルマ、あんまり見たコトないなあ。
それはそれとして、初代パンダを彷彿とさせるようなスタイルで、まあこれはこれでアリかな、と思います。
さっそくリアシートから。
おお、広いぞ。
背が高すぎず低過ぎずで、余裕のあるヘッドスペースができています。
お利口な姿勢で座れる、高い着座位置ですが、レッグルームはワタシが合わせたフロントシートの後ろだと、膝がフロントシートの背中に当たるくらいです。
でも、上出来だと思います。
背もたれも、そこそこ高い位置まであり、ヘッドレストも合わせればなかなか快適に座れます。
フロントシートに移って、いよいよ走り出します。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:32 PM  Comments (0)