アンテナ

HIDがらみで、補足説明をしておきます。
なんでSTDの時はAMラジオがほとんど聞こえず、111Rだと聞こえるようになって、それがHIDにするとまた聞こえなくなっちゃうのかというと、一つの要因として、アンテナの位置があるんだろうと思います。
そもそもSTDの場合、アンテナは、エンジンルームの真上の、ルーバーの入ったカバーのど真ん中から生えていました。
30センチくらいの長さですが、大して感度がよかったわけではなさそうですね。
エンジンの真上ですから、エンジン関係からの様々なノイズを拾うんでしょうか、FMはまだしも、AMはからっきしだったわけです。
111Rになると、アンテナは、フロントのボンネット(?)のど真ん中、エアアウトレットの間の「橋」の内側に、コード状のモノが這わせてあります。
(正確には「あるそうです」)
おかげで、エンジンからのノイズを拾わずに済むためか、案外、クリアな音で聞こえました。
ところで、111Rでも、多分初期型だけだと思いますが、リアルーバーのど真ん中、ちょうどSTDではアンテナがはえていた根元の部分に、穴が開いています。
もっとも、プラスティックの黒いパーツで、穴が塞がれていますが。
最新のSやRでは、穴なんて開いてないですよね。
アンテナがせっかくエンジンからのノイズが少ないフロントに移ったのに、またノイズを発するHID(のバーナー?)が追っかけてきちゃったんで、ラジオの電波がダメになってしまったんですね。
波長とか、そういう難しい話はわかりませんが、とにかくFMよりAMの方が悪条件には弱いようです。
そういえば、昔ラジオをよく聞いていたコーコーセーくらいの頃も、FMの方が音がよかったなあ。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 7:32 PM  Comments (2)