カウンタック

先日、帰宅途中のことです。
左折しようと左車線で信号待ちしていると、空いた右車線の後ろのほうから、ブオーッと野太い排気音を響かせながら近づいてくるクルマがあります。
あまり気にしていなかったので、真横を通り過ぎるまで気づかなかったんですが、真横にきたところで気づきました。
まっ黄っ黄いのカウンタックでした。
おお、ひっくーい。
リアウィングがありましたからLP500ってヤツでしょうか?
ワタシ、スーパーカーブームの頃、カウンタックってあんまり好きじゃなかったんで詳しくないんですが、羽根付きがLP500、羽根なしがLP400みたいな覚え方してました。
ま、それはともかく、平日の帰宅時間の日常の中で、エリーゼでも浮いていると思うんですが、まっ黄っ黄ぃのカウンタックの浮き具合は尋常じゃありませんでした。
いったいどんな人が乗ってらっしゃるんでしょうね。
まさかサラリーマンじゃないと思いますが、それにしてもびっくりしました。
(ドライバーの方は見えませんでした)
昔はあんまり好きじゃなかったカウンタックですが、今改めて見ると、コンパクトでいいですね。
なんか、すっげーでっかいイメージだったんですが、実際見ると、案外小っちゃい。
ちょっと調べてみたら、全長は4140mmなんですね。
ハチロクより短い。
全高はLP500が1029mm、LP400が1070mmだそうですからぺったんこです。
そんでもって全幅が1890mmからモノによっては2m!
LP400は車重が1065kgだってんだから、4000ccの12気筒エンジン積んでるとは思えない軽さですね。
モデルによってはどんどん重くなっていきますが、数字を並べて見てみると、素のLP400は相当魅力的です。
・・・でも、プラモデルでいいや。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: いろんなクルマ — カーマくん 5:25 PM  Comments (2)