フェアレディZのすべて 2

さて、その気になる文章の抜粋です。
「スポーツカーは異端ではない。車の正しい進化の頂点にある。走りという車の本質から離れず、スポーツカーはそれを純粋に追究する。スポーツカーこそ、あらゆる車の中で最もピュアな存在である。・・・」
ね、いいでしょ、これ。
今の国産の自動車会社の社長みんなに読んで欲しいところです。
「追究」が、「追い求める」でなくて、「未知のものや不明の事柄を、どこまでも考え、調べて明らかにしようとすること」のほうだってコトも、「技術の日産」っぽいですね。
「ライバル車比較試乗」は、なんとポルシェ928Sが引っ張り出されてます。
スカイラインの時は944ターボでしたから、やはり素のスカイラインよりは格上の扱いですね。
その他、コルベットやスープラとの比較試乗もあります。
Zと言えばTバールーフが売りのひとつですね。
ただ、外したルーフを袋に入れて、トランクルームに置いて、ベルトで固定するしかない、という収納方法については、はっきり「失望」と書いてあります。
確かに、その後のMR2もそうですし、今のエリでも、どうも外したルーフの収まりが今一つですね。
この20年の間に、あまり進歩していないようです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: MF別冊 — カーマくん 7:25 PM  Comments (0)