vs.ホンダCR-Z 5

ハンドリングなんかはもちろん試せませんが、ちょっと蛇行してみたところ、これもなんだか、やんわりと左右に向きを変えます。
スパッ! スパッ! とはいかず、「軽快感」というよりは、「落ち着き」が感じられます。
「スポーツモード」にすると、エンジン制御や、ハンドリング制御が、ちょっとスポーティになります。
メーターのバックライトが赤くなり、それなりのやる気を示すのか、エコからすると赤信号なのか、ちょっとしたギミックではあります。
(ちなみに、ノーマルは青、エコモードは緑です)
うん、これなら、ちょっとエンジンの引っ張り甲斐がありますが、それでも、嬉しくなるような加速は見せてくれません。
こういうところで、どれだけ嬉しくさせてくれるトコロがあるかが、スポーツカー(スポーティカー)のキモだと思うんですが、前に書いた通り、あまり印象に残らなかったんです。
CR-Zの「ハイブリッドカーは、エコで終わるな」というコピーは、当然、「ハイブリッドスポーツ」を示唆していると思ったんですが、これは勝手な思い込みだったようです。
ブレーキに関しては、それなりに違和感がありますが、まあ、問題になる類のものではなく、慣れの問題でしょう。
インサイトの時は、効き具合が急変してイヤでしたが、CR-Zでは、それほどでもなかったように思います。
アイドリングストップ機能は、インサイト同様、制御が細かくて、ブレーキをかけていくと、クルマが止まる直前にエンジンが止まり、ブレーキから足を離すとエンジンがかかります。
これはMTでも同じだと、同乗のセールス氏が言ってました。
そんなわけで、CR-Z 、何を期待するかで評価が変わってくると思いますが、あまりスポーツを期待し過ぎると、評価が低くなるんじゃないかなあ。
ちょっとカッコいいエコクーペが欲しいなら、期待通りでしょう。
否定的なまとめになっていそうですが、新しいクーペが生まれたことは、もろ手を上げて大賛成です。
ま、欲しくてグラつくようなこともなくて安心でした。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 7:58 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">