vs.ホンダCR-Z 7

はじめは、道が混んでいて、なかなか全開をくれてやる機会がなかったんですが、途中で何回か、「全開」とはいかないまでも、そこそこ踏めるシチュエーションはありました。
そこでとにかく思いきりアクセルを開けると、5500回転くらいまでは、いい感じで回っていきます。
V-TECとはいえ、エコ志向のi-VTECなので、天井知らずにヒュンヒュン回るという感じではありません。
もう少し引っ張る状況が欲しかったんですが、なんせ試乗コースが短いし、道もそう空いてもいなかったので、5500回転で精一杯だったんですが、もっと回したい、と思わせるような回り方でもなかったので、まあ、ここまでかな。
CVTでもそうでしたが、インサイトの時に感じた、モーターの唐突なアシストでターボっぽくドーンとくるような感じはなく、普通のエンジンっぽい回り方、パワーの出方でした。
音は、中回転域でけっこういい音でした。
アニキのオデッセイに乗った時も思ったんですが、ホンダって、この辺りの演出がけっこう上手なようです。
ただ、スポーツカーとして、CR-Xのような第一級の性能を期待すると、やっぱり期待外れです。
エコカーたるハイブリッドの中では、なかなか面白いスポーティカーですが。
前にも書きましたが、やはり、CR-Zに対して何を期待するかによって、評価が全然違ってくるでしょう。
あくまでエコカーの中でなら、CR-Zは抜群にスポーティーですが、スポーツカーの中に入ると、とたんに霞んでしまいます。
あ、それから、今回の話はあくまでMTの、スポーツモード限定の話です。
ノーマルモードに戻すと、とたんにかったるくてお話になりません。
そんなわけで、CR-Zに乗ると、複雑な気持ちになってきます。
エコカーとして、少し面白いクルマが出てきたことに期待を持てるのか、これから先のスポーツカーは、こんな感じになってしまうのか。
前者であってほしいものです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 試乗 — カーマくん 5:10 PM  Comments (2)