電球

全然知らなかったんですけど、白熱電球って、無くなっちゃうんですね。
17日に東芝が生産中止に踏み切ったなんて言うニュースにビックリしたんですが、なんだか、2012年には、全滅してしまうんですね。
2008年に、政府がそんな方針を打ち出してたそうで、うーん、ニュースに疎いな、ワタシ。
それにしても、電球が無くなっちゃうなんて、2011年のアナログ放送終了よりも、うんと身近な問題なのに、あんまりマスコミ騒いでなかったなあ。
電球といえば、なんかの時に書いた気がするんですが、100円くらいのいわゆる電球と、1500円くらいの蛍光灯電球と、5000円くらいのLED電球がありますね。
長い目で見れば経済的らしいんですが、どうも高い電球には手が出せずに、結局いつも普通の電球を買っちゃいます。
でも、この前百均で、蛍光灯電球を見つけたので、実験的に買いましたが。
それにしても、政府も強引だなあ。
地デジにせよ、ETCにせよ、今回のLED電球にせよ、普及させようと思ったら、メチャクチャ強引に、庶民の気持ち無視でやっちゃうんですね。
もう少し金額的に下がってこないと手が出しづらいのに、おかまいなし。
選択の余地を残して、もう少し余裕を持ったスケジュールで切り替えていけないもんでしょうかね。
それから、何より気にくわないのが、そういう強引な手法を、全部「ECO」におっかぶせて、エコだから言うことをきけ、的にやってるコトです。
エコエコ言われると、最近は何一つ信用できないカーマくんでした。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:37 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

2件のコメント »
  1. ワタシは白熱電球の温かい感じの光が好きで、いまだにうちの灯りは殆ど全てが白熱電球です。
    やっぱり白熱電球にしかない温もりってありますよね。
    ちょっと暗めのハダカ電球の光も嫌いじゃありません。
    なくなってしまうと困りますね。「エコエコアザラク」のLEDライトじゃ、やっぱり温もりが違うと思うんですが。その温もりの元である熱線がエネルギーの無駄だっていうんですからねえ・・・。
    必要な無駄はたくさんありますよね。
    さて土曜日に皇居周辺を走ってみたら(ジョギングではなくドライブですが・・)、いやあカリフォルニアを3台、それからブガッティのEB110まで見ちゃいました。どれもすばらしくトロい運転でした。
    都心でFに乗ってるヤツは運転下手が多いってホントかもしれません。

    コメント by yuk — 2010年3月22日 5:41 PM
  2. 「真空管の音の方が温かみがある」と、高級オーディオなんかでいまだに真空管が使われてたりするのは、世代のせいか、正直言ってよくわからないんですが、「白熱電球の温かみ」はよく分かります。
    ホントに、最近のエコには神経を逆なでされます。
    まあ、庶民派スポーツカーに乗っている立場からすると、超高級スポーツカーは、街中に限らずそれらしく走らせることのできる場面って、ホントに限られてますね。
    ・・・でも欲しい。

    コメント by カーマくん — 2010年3月22日 7:04 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">