電球

全然知らなかったんですけど、白熱電球って、無くなっちゃうんですね。
17日に東芝が生産中止に踏み切ったなんて言うニュースにビックリしたんですが、なんだか、2012年には、全滅してしまうんですね。
2008年に、政府がそんな方針を打ち出してたそうで、うーん、ニュースに疎いな、ワタシ。
それにしても、電球が無くなっちゃうなんて、2011年のアナログ放送終了よりも、うんと身近な問題なのに、あんまりマスコミ騒いでなかったなあ。
電球といえば、なんかの時に書いた気がするんですが、100円くらいのいわゆる電球と、1500円くらいの蛍光灯電球と、5000円くらいのLED電球がありますね。
長い目で見れば経済的らしいんですが、どうも高い電球には手が出せずに、結局いつも普通の電球を買っちゃいます。
でも、この前百均で、蛍光灯電球を見つけたので、実験的に買いましたが。
それにしても、政府も強引だなあ。
地デジにせよ、ETCにせよ、今回のLED電球にせよ、普及させようと思ったら、メチャクチャ強引に、庶民の気持ち無視でやっちゃうんですね。
もう少し金額的に下がってこないと手が出しづらいのに、おかまいなし。
選択の余地を残して、もう少し余裕を持ったスケジュールで切り替えていけないもんでしょうかね。
それから、何より気にくわないのが、そういう強引な手法を、全部「ECO」におっかぶせて、エコだから言うことをきけ、的にやってるコトです。
エコエコ言われると、最近は何一つ信用できないカーマくんでした。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:37 PM  Comments (2)

JIN(仁) 2

「赤いペガサス」だけじゃありません。
ワタシが高校の頃は、「六三四(むさし)の剣」という剣道マンガを連載していました。
余談ですが、こう見えてもワタシ(・・・見えてませんね)、高校まで剣道少年だったんです。
三段だぞ。
それはともかく、「六三四の剣」もなかなかリアルでした。
剣道をやっていた自分から見ても、無理な技は登場しません。
剣道マンガも、昔はいろいろありましたが、ぴょーんと3mくらい飛んじゃったり、小さな男の子が、3倍くらいの身長の男の子をやっつけちゃったり、ムチャクチャでしたが、「六三四の剣」は読みごたえありました。
そんな村上もとかの原作ですから、「JIN(仁)」、いままで読んだコトなかったんですが、酒飲んで盛り上がったことだし、ちょっとイーブッ○オフかなんかで大人買いしちゃおうかな、と思って、見てみたら・・・。
げっ!
高!
今、17巻まで出ているんですが、新刊で1巻530円です。
17巻セットで3000円くらいで手に入らないかなあと思ったら甘い甘い。
なんとなんと8300円! (しかも、翌日には売れちゃってた!!)
アマ○ンの古本でも、同様です。
あーあ、もう少し熱が冷めるまで待つか、マンガ喫茶でも行ってこようかな。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:52 PM  Comments (0)

JIN(仁) 1

ワタシ、連続ドラマってあんまり見ないんですが、去年の秋から冬にかけて放映されていた「JIN(仁)」は、見事にはまりました。
視聴率もずいぶん良かったみたいですね。
すみません、タイミングがメッチャずれてますが、先日、飲み会の時にこの話題で盛り上がっちゃったんで、思い出したんです。
ご存知ない方のために、簡単に説明しておくと、現代のお医者さん(大沢たかお)が、幕末にタイムスリップしちゃって、そこで、未来を変えてしまう可能性を心配しながら、人々を病気や怪我から救っていくという、けっこうムチャな設定のドラマです。
ここまでムチャな設定だと、つまんなくなっちゃいがちですが、ザッピングしていて偶然ちょっと見ただけで一発ではまっちゃいました。
村上もとかの原作だということは知っていましたが、マンガ自体は全然読んだコトありませんでした。
村上もとか、そうです!
ワタシのブログの極々初期(3回目!)で、まだエリーゼを手に入れてない頃の話題の記事で紹介している「赤いペガサス」の原作者ですね。
ワタシがロータスにやってくる布石を、小僧時代にポツッと置いてくれた人です。
F1マシンで公道を突っ走って、トレーラーを飛び越してしまうくだりはともかくとして、ドライバーの超人的なテクニック(と根性)だけで勝負をつけてしまいがちな、当時のレースマンガに比べて、かなりリアルでしたね。
あの当時に、タイヤの性能で勝負が決まるなんてトコロに目をつけていたのは、村上もとかだけだったんじゃないでしょうか。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:20 PM  Comments (2)

ホントなの?

チラッと見ただけなんで、ちょっとはっきりしないんですが、メルセデスのCMで、シューマッハがとんでもないことやってますね。
アニメや、スパイ映画なんかでありがちな、トンネルの天井走り。
物凄いスピードでトンネルを疾走し、壁から天井へ、そして反対側の壁から下りてくるという、ジェットコースターのコークスクリューのような走行。
これって、可能なんでしょうか?
ちょっと前にたまたま見たテレビの実験番組で、同じことをやってました。
その時は、さすがに人を乗せると危険だということで、ラジコンかなんかでやってました。
けっこうもっともらしくラジコンの設定なんかを計算して、トンネルの壁なんかにもスロープを設けたりして実験してましたが、その時は、2回くらい実験して、いずれも失敗に終わってます。
その番組を鵜呑みにしたワケでもないんですが、何となく「ああ、出来ないんだな」というような認識でした。
ところが、やってくれます、シューマッハ。
さすがサイボーグですね。
失敗してもパーツ交換で何とかなるという見通しだったんでしょうか。
ベンツのSLSで見事やってのけて、最後にガッツポーズ、ウインクなんかもしてます。
いやあ、すごいすごい。
さすがシューマッハです。
ところで、これ、ベンツのSLSのCMなんでしょうが、どうも「SLSすげぇー」でなくて、「シューマッハすげぇー」となってしまうんですが、これは、メルセデスにとって、宣伝効果、あるんでしょうかね(笑)。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:42 PM  Comments (0)

歳とっても似合うクルマ

エリーゼには、都合8年乗っていますが、とても気に入っています。
まだまだ乗り続けるつもりなんですが、最近、ふと考えることがあります。
例えば、今、年配の方が、MGだとかモーガンだとか、イギリスの古いオープンカーなんかに乗っていると、すごくいい感じに見えます。
自分も歳をとったら、あんな感じにクルマを楽しみたいな、と。
その時に乗っているクルマって何なんだろう。
エリーゼである可能性も高いんですが、年配になってから乗るには、スタイルが少々攻撃的過ぎやしないかと。
フェイズ1ならともかく、フェイズ2は、あまりにカッコよ過ぎやしないかと。
どうなんでしょうね。
歳をとってから、必死で走るわけでなくクルマを楽しむのに、いわゆるスプリジェット(カニ目(スプライト)とミジェット)とか、MGBとか、あと、イギリスでなくても二代前のアルファスパイダーとかって、なんかいい雰囲気なんですよね。
スポーツカーなんですが、スタイルがそんなに攻撃的でなく、優しい感じのするクルマって、案外少ないのかもしれません。
今現在生産されているクルマだと、ロードスターなんかは、歳とってからでもけっこういけそうですね。
クルマとドライバーが、同じペースで歳をとって、いい具合に枯れていけば、10年後、20年後もいい相棒でいられそうなんですが。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:17 PM  Comments (2)

アルファベット

クルマのペットネームやグレード名の一部にアルファベットが使われる例はよくありますね。
エリーゼもエリーゼRとかエリーゼSとか、111Rとか。
フェアレディは「Z」ですし、CRは「X」に「V」に「Z」ですね。
こんな時に使われるアルファベットって、やっぱりよく使われる、クルマにはカッコいいイメージのものと、そうでないアルファベットもあります。
「S」「R」「Z」「X」「GT」なんかは、カッコいいイメージで、よく使われていますが、「D」なんかだと「ディーゼル」のイメージで、日本だとあまり人気がない感じです。
「S」は「スポーツ」、「R」は「レーシング」、「Z」は「究極」って感じでしょうか、「X」は「無限」とかですかね。
うん、どれもイメージがいいですね。
逆に、使われなさそうなアルファベットは・・・
「N」とか「P」、「Q」、「Y」あたりでしょうか。
「フェアレディP」とか、「マークQ」とか言われると、なんだかあんまりカッコよくないですよね。
「エリーゼN」も、「CR-Y」もピンときません。
そういえば、昔、スカイラインに「タイプM」とか、BMWも「M」なんてのがありましたが、あの「M」はいまだに何の「M 」だかわかりません。
どなたかご存知の方、教えてください。
あと、「N」「P」「Q」「Y」のついたクルマの情報もお待ちしています(笑)。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:47 PM  Comments (11)

ご来店プレゼント

ワタシ、前々から書いてますが、モノをくれるお店、大好きです。
先日、オート○ックスからDMが来ました。
会員様限定の特別招待会ってわけで、「真空ステンレス魔法瓶」ご来店プレゼントになっています。

ワタシ、クルマで30分圏内のカー用品店は、一通り「会員様」になってます。
オート○ックス、イエロー○ット、ジェー○ス、バー○ン(これは全国区じゃないかな?)の4軒、すべて「会員様」です。
「会員様」だと、適当にポイントがたまって、申し訳程度に安く買えたりしますし、たまに、「会員様限定」でプレゼントがあったりします。
中でも気前がいいのがオー○バックスとジェ○ムスですね。
先日の弁当ネタの時にアップした、弁当箱と財布入りのバッグを入れている手提げはオ○トバックスのご来店プレゼントでしたし、ジ○ームスは、こんなツールセットや、

こんな、デジカメ用のミニ三脚とケース

をくれたりします。
バ○デンと、イエ○ーハットは、この手のプレゼントないなあ。
ワタシ、モノくれる店、大好きです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 5:52 PM  Comments (0)

改良一号機

ホームセンターで、まず素材探しからはじめます。
見当としてあったのは、シート後ろに作った小物入れと同じ素材の、発泡スチロール系のものか、プラスチック製の段ボールです。
実際にホームセンターで見てみると、発泡スチロール系も、プラスチック製の段ボールも、同じような値段です。
どっちも500円以内。
ただし、プラスチック製段ボールの方が、かなり面積が広い。
これなら1枚でいけそう。
スチロール系は、たぶん2枚要りそう。
それに、シート後ろに大人しく収まっている小物入れならともかく、助手席の上に収まり、いつも使われる箱ですから、ここはプラスチック製段ボールの方が、強度的によさそうです。
適当に作った試作品ですが、大体の寸法はOKなので、ほぼ試作品の大きさ通りに採寸して、あとは使い勝手に合わせて適当に寸法を変えながら作っていきます。
こうして、なんとか形が出来上がったのが、これです。

一応言い訳ですが、セロテープは仮どめ用ですので・・・。
また、クルマに乗っけて、実際の使い勝手を確認しながら、必要に応じて設計変更していこうかな。
あ、題名で「一号機」となっていますが、今のところ「二号機」があるわけではないので、ご了承ください。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 7:46 PM  Comments (0)

問題点

日曜日に工作して、翌月曜日に、実戦投入してみます。
ありゃ、履かせたゲタがちょっと低かったみたいで、まだ弁当が斜めになっています。
それどころか、普段斜めで、加速時には、弁当がバックレストに斜めに当たり、ちょうど、箱がウィリーしている状態になり、減速時には、元に戻るってな感じで、シーソーやってるみたいに、今までよりシャッフルされがちです。
これは誤算でした。
弁当箱が、思いのほか重いみたいで、結局安定しません。

仕方ないので、「箱」の前側に、カサを入れて重し代わりとし、とりあえず、ギッタンバッコンのシーソー状態は回避します。
こういう問題点を洗い出すための試作品だからいいんですが、履かせるゲタの位置や高さ、シートのバックレストと箱の後端とのすき間に出来るスペースも、何らかのスペーサーを噛ませる必要もあるかも知れません。
次の週末あたりに、ホームセンターで材料を買ってきて、本番用の作成に取りかかりましょう。
それまでに、使うべき素材を何にするかの決定と、ざっくりと設計変更の構想だけ練っておかなくちゃ。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 7:50 PM  Comments (2)

試作品

いや、実は大した問題ではないんですけどね。
ベルトのおかげで弁当箱が前のめりに倒れることはないんですが、シートの背もたれが斜めになっているせいで、後ろ向きにコトコトともたれるんです。
これでは、中途半端にかき回されてしまいます。
で、いっそもう少し安定のいい箱を作ってみようと思って、手近にあった段ボールを使って作った試作品が、これです。


・・・あの、もともと、ただ白い段ボールだったんですが、ちょっと目を離したスキに、娘が折り紙で装飾を施してくれました。
「クルマみたいな形だから、クルマにした」と。
・・・ま、試作品だからいいか。
それより、ボディの下に、ゲタをはかせてみました。
シートはお尻の部分が沈み込んでいるので、スペーサーをかませないと、斜めになっちゃうんです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 111R — カーマくん 8:03 PM  Comments (2)