路上の落とし物

道路を走っていると、いろんなものが落ちています。
今回は、道路に落ちていがちなものベスト5。
まず、ホイールキャップ。
曲がる時に、引っかけたりするのでしょうか。
ちょいちょい落ちています。
たまにホイールキャップが脱落して、一輪だけ真っ黒な鉄ホイールで走ってる車を見ますが、ちょっと切ないです。
迷惑なのが、木材。
一辺が5センチくらいの細い角材なんかが、よく落ちてますね。
極力踏みたくないものですが、前の車のせいで見えなくて突然出現したりする時は、もう「南無三」で踏むしかないですかね。
いちばん多いのは、ゴムヒモでしょう。
トラックの雨よけカバーを留めるためのゴムが切れるんでしょうか。
ぶっといゴムヒモが落ちています。
トラックと言えば、タイヤの上に、ちょうどサイドウォールに当たるようにゴムヒモを3本くらいぶら下げてますよね。
あれ、最初何の意味だかわからなかったんですが、サイドウォールがキレイになるみたいですね。
いいアイデアですが、乗用車じゃ、ちょっとやれないなあ。
ギョッとするのが、手袋。
作業車の荷台にでも積んでるのでしょうか。
作業用の、ゴムのコーティングがしてある手袋だと、落ちていても、ちゃんと手の形を再現してるもんだから、一瞬、ホンモノの手が落ちてるように見えちゃうんですね。
あとは、なぜか靴。
どうして落ちる? 靴。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: 古今東西 — カーマくん 5:44 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

4件のコメント »
  1. 前にも書いた気がしますが、今まで一番びっくりしたのは牧草用のフォーク(でいいのか?)です。高速のトンネル出口に落ちていてたまげました。
    これなんか命にかかわりますね。
    落とし物とはちょっとニュアンスが異なりますが、最近路上で倒れてる動物で多くなってきたのが「ハクビシン」です。
    昨日の夜も大きな声で鳴いているのが聞こえました。動物好きのワタシではありますが、獣が増えてるのは良いことなのかどうか・・なんとも考えさせられるところです。

    コメント by yuk — 2010年4月19日 12:48 PM
  2. いや、牧草のフォークは初耳な気がします・・・けど、二回目だったらごめんなさい。
    すごいモノが落ちてたものですね。
    さすがに、命に関わるので「(笑)」がつけられません。
    ハクビシン・・・ウワサには聞いていますが、見たコトはありません。
    生態系がおかしなコトになって、本来山奥にいるはずの獣が、道路で倒れているのは、さすがに切ないですね。

    コメント by カーマくん — 2010年4月19日 7:17 PM
  3. 落とし物をする瞬間を見たおいらが来ましたよ。
    30年ほど前、片側2車線の幹線道、それも結構混雑している状況の中、土建屋さんのトラックが荷台から土砂用の「一輪車」を落とすところを目撃しました。
    すぐ後方には何台も自動車が連なっていましたが、まるでスタート直後のF-1の混乱を見るように見事に皆さん接触もなく避けていきました。
    おいらは歩道から眺めていたので、車列の隙を見て一輪車を歩道に寄せておきましたが、勿論土建屋さんは回収には来ませんでした。

    コメント by かずま — 2010年4月20日 12:51 AM
  4. 一輪車!
    土建屋さんが必ずしも悪いわけではないでしょうが、木材とか手袋とか、土建屋さんのダンプやトラックから落ちるものが多いようですね。
    それにしても一輪車とは!
    後続の皆さん、よくぞご無事で。

    コメント by カーマくん — 2010年4月20日 7:32 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">