セリカ/カリーナED/コロナEXiVのすべて

今「ED」というと、ちょっと残念な病気で、「お医者さんに相談を」なんてCMをやってたりしますが、昔、一世を風靡しましたね、カリーナED。
今はほとんどなくなってしまいましたが、昔は、背の低い4ドアHTのクルマって、ホントたくさんありました。
その、カリーナEDを含む3兄弟が、セリカとコロナEXiVで、一緒にデビューしたんでしたかね。
てなわけで、ニューモデル速報第138弾が、「セリカ/カリーナED/コロナEXiVのすべて」になってます。

もちろんワタシは、セリカ目当てで買ったんですが、懐かしいですね、ED。
たしか、「エキサイティング・ドレッシー」の略だったと思いますが、バブルの名残を感じさせます。
毎度セリカでは、新しいスタイルを模索しながら挑戦してくるトヨタですが、このST200系では、丸い4灯式のヘッドライトと、5ナンバーへの未練を断ち切ったワイドな全幅が新しい試みでしょうか。
あの4灯は、どう光るんでしょうね。
内側は、補助灯なのかハイビームなのか、ちょっとよくわかりませんが、大きめに設計したので、ソアラやクロノス、デルソルなんかとは、ちょっと印象の違う顔つきにはなっています。
技術的には、スーパーストラットというサスペンションが新しい売りだったようですが、解説を読んでも、何がどう違って、どこがいいんだか、よくわかりません。
このセリカ、MR2がくたびれてきた時に、ちょっとだけ、購入対象として見ていた時期があったんですが、なんだか踏ん切りがつかなかったですね。
無難そうですが、これという決定的な魅力に欠けていたのでしょうか。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: MF別冊 — カーマくん 7:45 PM  Comments (0)