シルビア(S14)のすべて 1

モーターファン別冊の140弾は、「新型シルビアのすべて」ですが、「新型」といっても、S14です。

大ヒットのS13「アートフォース」シルビアに対して、S14は「アイハント」シルビアというコピーになってます。
ワタシは、S13シルビアは今でも大好きですし、MR2を買う時に、最後まで迷ったのがS13シルビアとの比較でした。
でも、S14の方は、あんまりカッコよく思えませんでした。
S13でカッコよかった、一本線になったライトとグリルのラインとか、全体を引き締めて力強さを出していたCピラーとか、個人的に良かったと思えたところがみんなぬるい・・・よく言えば優しいデザインになってしまって、スポーティーさがなくなってしまった印象でした。
日産は、S14が売れなかったのは、3ナンバーになってしまったからだと判断したようで、次のS15は5ナンバーに収めてきますが、個人的には、ロマンカーなのにスタイルがパッとしなかったからだと思います(わー、ごめんなさい、あくまで「個人的」な感想です。S14にゆかりのある方、お許しください)
でも、日産も、さすがに顔つきの優しさはアピール度が弱いと感じたのか、マイナーチェンジではライトの形状をいじって、ちょっと悪そうな顔つきにしてきました。
ついでにCピラーもなんとかすればよかったのに、そこまでは無理だったようで、ちょっとチグハグな印象になってしまいました。
そんなわけで、大ヒットのあとは、売りづらいんでしょうが、日産は特に大ヒット後の後継モデルが下手なんじゃないでしょうか。
プリメーラとか、このシルビアとか、スカイラインも何となく一代おきというイメージですし・・・。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: MF別冊 — カーマくん 7:12 PM  Comments (0)