シルビア(S14)のすべて 2

さて、肝心の中身ですが、最初は、なんでも褒めちゃう星島浩氏のインプレです。
さすがに、ワタシでは理解できなかったスタイルを褒めてます。
「近ごろ珍しく違和感を覚えないエクステリアデザインだ」そうです。
さすが、星島センセイです。
でも、Cピラーは気に入らなかったようで、こんな感じに表現なさってます。
「Cピラーはベルトライン側付け根位置が後退し、傾斜がかなり強まった。よく売れた先代シルビアのイメージを継承しながらルーフレールからCピラーにかけて流麗なラインを形成、確かに優等生が描いたシルエットだ。優等生である代わり斬新な感覚からは遠い」
あーあ、言っちゃった。
ライバル比較試乗で選ばれたライバルは、R33スカイラインの25tがターボのK’sに、四代目プレリュードのV-TECがNAのQ’sにぶつけられています。

ああ、このスカイラインと、プレリュード、一時ウチの実家で並んでいた時期があったなあ。
オヤジとアニキが乗ってました。
それはともかく、このR33スカイラインも、クルマは悪くなかったのに、R32より大きくなっちゃったのでかなり叩かれて、売り上げはともかく、スカイラインファンからはあまり人気がありませんでしたし、四代目プレリュードも、V-TECはすごくよかったし、セナがCMしていたのに、カッコが変わり過ぎたのがまずかったのか、先代・先々代ほど売れませんでした。
思えば、この頃からクーペ受難の時代が始まったのかもしれません。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: MF別冊 — カーマくん 6:08 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">