シルビア(S14)のすべて 3

メカニズム解説なんかでは、電動スーパーハイキャスの説明がしてあります。
これは、機械オンチなワタシにもよくわかります。
これ、すごい装置だと思うんですが、なんでなくなっちゃったんでしょうかね。
今どきは、こんな装置つけなくても同じようにクイックでなおかつ安定したハンドリングが実現できているんでしょうか。
そういえば、S13シルビアから採用されていた、フロントウィンドウディスプレイのデジタルメーターが、ここでも採用されています。
これ、個人的には好きな装備ですが、あんまり定着しませんね(笑)。
FDの頃に、ステアリングを交換したら、スピードメーターが見えなくなっちゃったので、後付けでこの装備を付けました。
ワタシ個人の二台目のクルマである、ハチロクのトレノのメーターがデジタルだったのもあって、デジタル表示には違和感なく溶け込めたんですが、そのデジタル表示がフロントウィンドウに映し出される、何とも未来的なイメージがカッコよかったんですけどね。
でも、この類いの表示って、けっこう第二次世界大戦くらいから実用化されてたんですよね?
昔読んだ、松本零士の戦場マンガで、宇宙海賊のキャプテンハーロックの祖先であろうと思われる、ファントム・F・ハーロック氏の「目」として出てくるのって、この類いのものですよね?
違ってたら、どなたかご指摘ください。
・・・って、話がマニアック過ぎる上にうろ覚えなんで、どなたもついてきてくださってないでしょうかね(苦笑)。
さあ、そんなこんなで、S14「アイハント」シルビア。
あまり人々の視線を集めることなく消えていってしまいましたね。
今でも、S14よりもS13のシルビアの方がよく見ます。
S14の写真をよくよく見ていると、今のクーペのない時代に出てきたら、案外受けたかも知れないと思うような美しさは持ち合わせています。
過激でない、美しいクーペとして復活して欲しいものですね。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: MF別冊 — カーマくん 8:31 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

4件のコメント »
  1. ひと頃、4WS技術が花盛りでした。私の乗ってたRX-7(FC)にも、トーコントロールブッシュによるパッシブな4WSがありました。
    私にとっては街乗りでも確かにクイクイ曲がるし面白いと思っていましたが、走り屋さんには不自然さが不評だったようで、トーコンキャンセラーが売られてましたね。
    エリーゼのシンプルなダブルウィッシュボーンサスの乗り味を考えると、これで充分かなと思います(笑)

    コメント by まるし — 2010年4月28日 8:25 PM
  2. エリーゼを基本にすると、やっぱりシンプルイズベストですね。
    ただ、大きなクルマなんかでの4WS技術って、使いようがありそうなものですがね。

    コメント by カーマくん — 2010年4月29日 5:13 PM
  3. ”すべて本”シリーズって誰が買うんだろうって思いながらいつも会社で見てました。
    あの本の開発スタッフで集合写真に出たかったな

    コメント by wtnb — 2010年5月29日 4:28 PM
  4. もしかしたら、wtnbさんは、ギョーカイの方ですか?
    数々の失礼な暴言、お許しください。
    最近、全然買ってませんが、昔、そのクルマに興味があるだけで、買ってました、「すべて本」。
    おかげで、ネタが無い時のつなぎになってます(笑)。

    コメント by カーマくん — 2010年5月29日 7:57 PM
コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">