ドナドナ206

先日、「さよなら206」の追記でチラッと書きましたが、ほとんど値段のつかない状態だった206、一応、ワタシのお小遣い程度の金額で引き取られるコトになりました。
もちろん9年選手の大衆車で、車検も残っていない状態なので、値がつかないというのは仕方ないんですが、何となく気持ちの問題として寂しいものはあります。
金額の問題ではなく、やはりかわいがってきた子が「タダ」「タダ同然」と判定されるのはね。
ワタシの小遣い(スズメの涙)程度であれ、一応値がつく、というのとはやはり違います。
こう考えるとスポーツカーは強いなあ。
FDもエリSTDも、予想以上の金額で引き取られていきましたから。
さて、話をちょっと前・・・メガーヌ契約後に戻して、ルノー屋さんと帰り道に寄った買い取り屋さん(りんご系)で、ほぼ「タダ同然」の査定をされた206とワタシは、仕方ないと思いつつ、何となくあきらめきれなくて、多少なりとも値がつくトコロはないかと、ネットで検索開始です。
「プジョー206」「買い取り」「ラテン車」「MT 」「愛知県」・・・いろんな絞り込み方で検索をかけてみたら、名古屋のお店で何となくラテン系の、ちょっと変わったクルマを扱っている会社が出てきました。
ダメ元でメールを入れて、数回メールをやり取りした後、実際見に来てもらって、金額を出してもらいました。
なんか、誰に言わせても取り柄のなかった娘が、新しい担任の先生に長所を褒めてもらったような気分です。
金額は欲を言えばキリがありませんが、まあ、こうして引き取り手が決まったというわけです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: プジョー206 — カーマくん 7:49 PM  Comments (0)