電装品移植 1

206からメガーヌに移植できる主なパーツは、ETCとナビとレーダーです。
206は金属ガラスで、ルームミラーの付け根の両脇くらいしか電波を通してくれなかったので、アンテナを延長せざるを得ず、いろいろ苦労しました。
残念なことに、メガーヌも初期型では金属ガラスだそうで、仕方がないので、206と同じようにルームミラーの付け根にアンテナを持っていきます。
まず、ETCのアンテナ(スピーカー付き)を、ミラー付け根の左側に設置。
右側には、レーダーとナビのずんぐりしたGPSアンテナが2つ並びます。
この配置は、特に理由があるわけでもありませんが、何となく206の時からの続きです。
それぞれから伸びるコードをフロントウィンドウ上端から、右ピラーの内側を這わせて、ピラー付け根からレーダーとナビに配線します。
206では、レーダーもナビもメーターパネルの右側に並べてあったんですが、メガーヌは、幅が広くなってるにもかかわらず、メーターパネルの右側にほとんど余裕がありません。
ちょっとしたデザインの違いなんでしょうが、今まで収まっていたいろんなモノが、ちょっとずつ収まりづらい。
特にナビは、置き場に困ってしまいます。
いっそ、インダッシュタイプの方がこういう時に困らないものなんだなあ。
小さな、ポータブルナビの方が、それなりにちゃんとしたスペースを用意してやる必要があるんですね。
それでも、なんとか、メーターパネル右側に、ギリギリのスペースを見つけ出して、置いてみます。
今までより少し遠くなってしまったので、画面がやや見づらくなったのと、操作がややしづらくなったんですが、とりあえずここしか置くところがありません。
それはそうと、この手の作業の時って、作業でいっぱいいっぱいで、作業中の写真が全然撮れません。
その分、想像力を膨らませてお楽しみください(笑)。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 5:36 PM  Comments (0)