ハブリング 1

ワタシ、全然知らなかったんです、「ハブリング」ってモノのコトを。
そもそも、206で初めての輸入車に触れて、まず驚いたのが、ホイールボルトです。
ホイールが、ボルトで留められている。
ナットじゃないんだあ。
・・・と。
クルマ側からボルト部分が突き出ていれば、ホイールを装着する時に、ホイールの穴をそのボルトに入れてからナットで締めつければいいんですが、クルマ側にあるのが穴だけだったら、ホイールも穴だし、位置合わせがしづらくて仕方ないはず。
でも、案外位置合わせがピタッと決まって、そんなにやりづらくないのは、ホイールの中心の穴が、クルマ側のちょっとした出っ張りにぴったり合うようになっていたからなんですね。
で、これは、慣れてしまえば当たり前のことに感じていたんですが、そうでもなかったようです。
ホイール中心の穴の直径(ハブ径)が、けっこうまちまちなんです。
車体側の出っ張り(ハブ)の直径も、メーカーや車種によってまちまちのようで、前に書きましたが、VWポロなんかの純正(オプション)アルミは、メガーヌには履けないんですね。
ポロのハブ径は、メガーヌのハブ径より小さいので、ポロ用のアルミでは、メガーヌにはめようとしてもホイールのハブ穴の方が小さくて、はめられないというわけです。
(実際やったワケではないので、もしかしたら付けられるのかもしれませんが)
小さ過ぎるアナに、太いモノをぶち込むのは無理ですね。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 7:39 PM
トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントする





(一部のHTMLタグを使うことができます。)
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">