ハブリング 2

逆に、メガーヌのホイールなら、ポロのハブ径より大きいので、取り付けしづらいコトを除けば、ポロに付けられはするはずです(って、意味ないですが)。
大きなアナに細いモノなら挿し込めますね。
ただ、これは、微妙な位置のズレが出たりして、ホイールバランスが合わなかったりしないモンですかねえ。
(これも、実際やったワケではないので、付くかどうかもわかりませんし、付いたとして、バランスが崩れるかどうかとかも未確認です)
ハブ径は、ポロは52mmくらい、メガーヌは60mm。
そして、世の多くのホイールは73mmくらいの穴があいているようです。
それにしても、なんでこんなところの直径が、マチマチなんでしょうねえ。
こんなところの規格くらい、各社で合わせておいてくれても良さそうなものなのに。
ちゃんと調べたワケじゃないんですが、国産に乗っていた頃には、社外品のホイールに換える時でも、ハブ径なんてモノを気にしたコトもありませんでした。
206では、初めから純正のアルミと鉄ッチンを持っていましたから、これも考える必要がありませんでした。
エリーゼも、純正のホイール履きっぱなしですからやっぱり考えてません。
そんな現状ですから、こんな商品が出てくるんでしょうね。

その名も「ハブリング」。
ただのワッカですが、「73/60」とか「73/54」とかの種類があります。
「ホイールのハブ径/クルマのハブ径」という具合に、直径をぴったり合わせるスペーサーです。
これをホイールの中心穴にはめてから、クルマに履かせれば、ぴったり位置合わせができるし、謳い文句としては、ホイールのブレもなくなるそうです。
先日、オークションで競り落としたホイールは、ハブ径が73mmでしたから、「73/60」のハブリングをゲットします。
これで安いホイールでも、ぴったりフィットでいけそうです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 7:50 PM  Comments (0)