プリウスの静音対策 1

前に一度話題に上げたことがありますが、プリウスの静音対策で、接近を歩行者に知らせる装置が、とうとうこの8月30日に発売されたそうです。
まあ、国土交通省が「やりなさい」というのですから、メーカーとしてはやらないわけにはいかないんでしょう。
前にも書きましたが、クルマが静かになることはいいコトであるはずなのに、こういう装置を作らせる国交省のやり方には、少なからず疑問を感じます。
だったら、あの爆音147なんか、国交省から表彰を受けてもよさそうなもんです。
クルマの接近が歩行者に気づかれないから、音を出して知らせる・・・うーん、タテマエの好きなお役所にしては、実質的過ぎますね(笑)。
だって、歩行者が道を歩いていたら、クルマはそれを妨げちゃイケナイんじゃなかったっけ?
だから、クルマとしては歩行者が気づこうが気づくまいが、そうっとしておかざるを得ないはず。
だから、「クルマが通るぞ」的な音をわざわざ立てるのは、歩行者に対して「どけ」と言ってるようなもので、本来マズいコトなんじゃないかと思うんです。
ま、それはともかく、動画で音を聴いてみたら、うーん、未来的・・・なのか?
ヒュワワワワァー(擬音下手なワタシ)って感じの音。
「未知との遭遇」っぽいような、UFOが飛んでるとすればこんな音かなあ?
ああ、そういえば『謎の円盤UFO』に出てくる自動車って、こんな音じゃなかったっけ?
こんなのが後ろから近づいてきたら、「あ、クルマだ、よけなきゃ」と思うより先に、ビックリして身を隠したくなっちゃう感じですね。
宇宙人にアブダクトされそうです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:06 PM  Comments (2)

風呂とトイレ(風呂) 3

ただ、お風呂は、毎日入って、くつろぐのに重要な場所です。
果たして、毎日ちょっとずつの不満を感じながら入浴することになるのか、多少小さいくらいならすぐ慣れて何も感じなくなってしまうのかがわかりません。
もう一度、ショウルームでじっくり入り比べてみて、差額をプラスする価値があるのか、見極めてきた方がよさそうです。
その時は、娘を連れて行った方が、リアルに比較できそうです。
こうして、日曜日、もう一度各社を回り直します。
まずINAX(純正)。
ここの中くらいのは、一人で入るには、ギリギリ我慢できるかなあ、という広さですが、やはり娘と入ると狭い。
大きいのも、浴槽内の左側に大きなベンチが作られていて、全体が大きい割に、入った感じは案外狭い。
うーん、ちょっとなあ。
次いでサンウェーブ(純正外)。
ここは、一人で入る分には最高でしたが、娘と入ると、今の家のお風呂よりはちょっと狭い。
と思って、家に戻ってから服着たまま娘と家のお風呂に入ってみたら、ほぼ同じ大きさでした。
差額の大きさを考えると、ちょっと微妙。
最後はYAMAHA(純正)。
ここの大きいヤツは、さすがに娘と入っても余裕です。
前に書きましたが、一人で入るには、ひじかけが小さいんですが、これは工夫次第でなんとかできるかもしれません。
要は、お風呂に入れられる脇息のようなものを調達すればいいわけですから。
まあ、大は小を兼ねるとも言いますし、この大きな浴槽で、一度ちゃんと見積りを出してもらいましょう。
そんなわけで、オプションなんかも含めて、正確な最終見積りをサンウェーブとYAMAHAに出してもらうことにしました。
その両方の金額を比較して、最終決定しましょう。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください(どちらか片方で充分です)
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
にほんブログ村

Filed under: ガレージハウス — カーマくん 6:35 PM  Comments (2)

風呂とトイレ(風呂) 2

YAMAHAと同様、純正として用意されているのがINAXとハウステック。
ハウステックって聞き覚えが無いなあと思ったら、なんでも日立の子会社のようです。
で、INAXもハウステックも、状況はYAMAHAと同じで、標準仕様はちょっと小さくて、オプションは極端に大きいかのどちらかです。
うーん、どれも帯に短しタスキに長し。
ただ、INAXの浴槽は、差額なしで標準よりちょっと大きいのと、やたら大きいのという三段階あって、ちょっと大きいヤツならギリギリ納得できるサイズかなあ。
他にいい物がなければ、INAXでしょうか。
仕方なしに、岡崎にある他のメーカーも回ってみます。
TOTOとクリナップを回ってみてもダメ。
最後にダメ元で飛び込んだサンウェーブに、ありました。
おお、ちょうど今のお風呂より少しだけ大きい、入り心地の良さそうな浴槽。
この浴槽はいいです。
今まで帯タスキだったじれったさが、一気に解消されました。
ただし、サンウェーブは、住林の純正に入っていないので、割引率が知れてます。
これがネックです。
純正で入っているYAMAHAとINAXとハウステックは、ほとんど半分以下くらい(50~60%Offくらい)の金額にまで割引されてます。
純正外のサンウェーブではせいぜい20~30%しか引けないそうで、数十万単位での差額が出てしまいます。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください(どちらか片方で充分です)
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
にほんブログ村

Filed under: ガレージハウス — カーマくん 6:16 PM  Comments (0)

風呂とトイレ(風呂) 1

次は、風呂。
今の家の浴槽は、前の住人がかなりこだわったようで、サイズ的にかなり大きいものです。
娘とギリギリ並んでお湯に浸かれる幅があり、一人で入る時でもかなりゆったりできます。
せっかく新築するんですから、今のお風呂より小さくなるんでは残念です。
てなトコロにこだわっちゃったら、ちょっと面倒くさいコトになってしまいました。
住林の純正仕様の浴槽は、どれも今のお風呂より小さいんです。
うーん、これはいけません。
実際にショウルームで浴槽に座ってみても、確かに小さい。
特に幅が狭いので、両ひじがゆったりできません。
メチャメチャ贅沢なお風呂でなくてもいいんですが、もう一回り大きな浴槽にしたい。
そんなわけで、いい浴槽を求めて、放浪の旅の始まりです。
まず、ウチの浴槽のサイズを測っておいて、休日に、メジャーを持ってショウルーム巡りです。
まず、純正仕様の中でもメインらしきYAMAHA。
標準仕様は数字的にも実際に入った感じも小さいんですが、アップグレードすると、とたんに巨大な浴槽になってしまいます。
うう、さすがに大き過ぎ。
中間くらいのがないかと聞いたら、「ない」とのお返事。
でも、いいのが出てこなければ、この巨大な浴槽になるのかなぁ?
ただ、この巨大浴槽、内側の肘掛けの幅が狭くて、肘が乗っからない。
せっかくの大きな浴槽なのに、肘がゆったりできないのは残念です。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください(どちらか片方で充分です)
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
にほんブログ村

Filed under: ガレージハウス — カーマくん 6:38 PM  Comments (0)

VOXYのCM

今日は、トヨタのVOXYのCMにツッコミを入れてみます。
もう随分前からやっているので、ご覧になった方も多いと思いますが、反町隆史が「カッコいいお父さん」をやってるシリーズです。
どうやら今回反町お父さんは、仔犬を拾ったようです。
「探しています」というチラシを見ながら電話をかけ、「お困りでしょう。届けますよ、近いですから」てなコトを言って、息子と一緒に(いたよな、息子)届けに行きました。
するとVOXYが早回しで走る画面の右下に距離計が表示され、走った距離は312キロ。
東京から東名だとちょうど岡崎を超えて豊田くらいまででしょうか。
CMの狙いとしては、仔犬を届けに300キロ走っちゃうなんて、カッコいいぞ反町パパ! カッコいいぞVOXY! VOXYなら300キロくらい近い近い。
というトコロでしょうか。
うーん、狙いはわからなくはないんですが、この仔犬、なんで300キロも離れたところで迷子になっちゃったんでしょうか?
そして、なんで300キロも離れたところに「探しています」のチラシがあったんでしょうか?
仔犬が行方不明になった人に「お困りでしょう」って、いや、「困る」と言うより、「ご心配でしょう」とかじゃないかなあ(困らないでしょう)。
いや、そりゃもちろん、全部説明はできますよ。
仔犬を連れて東京に遊びに行った豊田市在住の方が、東京で仔犬とはぐれて、仕方なしに、現地でチラシを作ってばらまいて帰ってきたけど、子供が泣くので困っています・・・なんて状況ですか。
でも、それなら、探している人が、反町パパの「近いですから」というセリフを聞いたら、怪しく思いませんかね。
と、また、重箱の隅をつつくようなツッコミを入れてしまいました。
関係各位には、慎んでおわび申し上げます。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:14 PM  Comments (0)

風呂とトイレ(トイレ) 2

瞬間式の便座は、例の勝手にフタが開いたり閉じたりする機構に加えて、トイレに人が入ってくると、暖房便座のスイッチを入れ、瞬間的に便座を暖め、その他の時間は便座の暖房を切っておくというスグレモノ(?)の機能です。
実際、ショウルームで触ってみましたが(もちろん手で)、まあ、よっぽどあわてている時でなければ、ズボン下げたりしてる間によっぽど暖まるようです。
温水も、普通のヤツは小さいタンクに温水を貯めておいて保温しているわけですが、瞬間式は、瞬間で暖めるようです。
「瞬間湯沸かし器」なんて言葉がありますが、ガスの瞬間湯沸かし器も、確かにほぼ一瞬で冷たくない温度になりますから、きっと電気式でも大丈夫なんでしょう。
この機能だけ考えれば、確かに随分エコ(エコノミー&エコロジー)ですね。
さあ、エコロジーはともかく、これが実際にどのくらいエコノミーなんでしょうか。
もともと、タマにしか使わない2階用のトイレです。
使うのは、トイレのタイミングがバッティングした時と、ヨメさんが夜中に2階の趣味室で手芸でもしている時と、将来、着物教室を開いた時のお客さんくらいでしょう。
ひと月にどのくらいの差が出るんでしょうか。
T○TOのパンフレットに、試算表がありました。
もちろん使用状況によって差が出るでしょうが、普通の貯湯式のモノでひと月410円くらいのようです。
これが瞬間式だと180円くらい。
ウチは2階のトイレは使用頻度が少ないはずなのでもっと安いかも知れません。
そんなわけで、月250円ほど差が出るとして、1年で3000円。
10年で3万円、20年で6万円。
あれ? これじゃあ、モトが取れるまで随分あるなあ。
だって、10万以上の差が出るもんなあ。
てなわけで、2階のトイレは、結局、温風乾燥機能も削ったベーシックなものになりそうです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください(どちらか片方で充分です)
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ
にほんブログ村

Filed under: ガレージハウス — カーマくん 7:48 PM  Comments (0)

風呂とトイレ(トイレ) 1

ワタシがちょっとだけこだわりを見せた風呂とトイレは、結局、ワタシがショウルームをまわって気に入ったモノを探してくるコトになってしまいました。
うーん、けっこう面倒くさい。
まずは、トイレ。
最近のトイレは、タンクが一体型になっていて一見タンクが無いように見えるものとか、本体とタンクが滑らかにつながっていたり相当カッコいいものもありますし、まあ昔ながらのタンクがドーン、本体がドーンというモノもあります。
当然、おシャレなカッコウのヤツの方が値段も高く、機能も充実しています。
ワタシ自身は、そんなにカッコいいトイレでなくてもいいんですが、掃除するヨメさんには滑らかなタイプのヤツの方が良さそうです。
それから、乾燥機能を付けようと思うと、けっこうグレードが上がってしまいます。
このあたり、どういう仕組みになったいるのかわかりませんが、ホームセンターなんかで売られている、本体抜きの温水洗浄便座なんかには、そうグレードの高くなさそうなモノから乾燥機能が付くのに、本体と一緒に購入しようと思うとけっこうグレードの高いモノになってしまいます。
乾燥機能と一緒にあまり使わなそうな機能まで付いてきてしまうのもなんだか鬱陶しいんですが、まあ乾燥だけは欲しいかな、というコトで、1階のトイレだけは乾燥機能付きにしました。
一方、2階のトイレは、ワタシが使う機会はあまりなさそうなので、乾燥機能抜きで、安く仕上げます。
でも、普段使わないトイレなのに、便座を暖めておくとか、温水を貯めておくのも、もったいないと思って、最近流行りの、瞬間式の便座を検討してみます。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: ガレージハウス — カーマくん 6:07 PM  Comments (3)

風呂とトイレ

さて、7月下旬に契約をして、11月に着工するためには、これから何かと細かい詰めが必要で、忙しくなりそうです。
間取りも、もう少し煮詰めていく必要がありますし、細かいことを言い出したら山のように確認事項があります。
外からいくと、壁の材料や色、デザインなど。
中は、床の材料から壁紙、キッチンや風呂、トイレまで、いちいち決めていかなければならないわけです。
一応、「標準仕様」なるものがあって、たいがいグレードアップする形でオプション設定があるんですが、なんせ、クルマと違って項目がやたら多い。
こう考えるとクルマは、排気量からグレード、色、内装なんか、ちょうど楽しく選べるレベルでの選択ですね。
一軒家を造るとなると、さすがに項目が多過ぎて、ちょっとイヤになりそうです。
まあ、このあたりの選択は、ヨメさんが頑張ってやってくれています。
ワタシは、何度も書きますが、ガレージがあればあとは概ねなんでもいいんですが、そうは言っても、ちょっと気になるところもあります。
そのあたりはヨメさんも心得ていて、ワタシが後から文句言いそうな可能性のあるところは、カタログ見せながら確認してきます。
ガレージ以外だと、お風呂の湯船が今より小さくならないことと、温水洗浄便座に温風乾燥機能がついていることが、ワタシのこだわりかなあ。
お風呂は、実家にいた頃から、独身の一人暮らし時代、アパートでの新婚時代から一貫して、ずーっと小さかったんです。
「体操座り」で湯船に浸かると、肩か膝かどちらかが出てしまう。
今の中古住宅になって、初めて大きな湯船で気持ち良くお風呂に入れるようになったので、ここは譲れないかなあ。
トイレも、温風が出てくると、さっぱりして気持ちいいですもん。
まあ、その他の、床や壁やキッチンの仕様は完全にヨメさんまかせです。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: ガレージハウス — カーマくん 6:21 PM  Comments (0)

オートマで高速道路

先日、メガーヌで初めて高速道路を走ってきました。
家族で海水浴に行く時のことです。
ワタシ自身、オートマ車で高速道路を走った経験は、そう多いわけでもなく、比較対象がマニュアル車という、異種格闘技みたいな印象記です。
さて、メガーヌ自体は、直進安定性も悪くなく、ぬふわキロくらいだと、非常に静かで快適です。
ただ、ホイールバランスが今一つなのか、オフセットの都合で、トレッドが少し広がっているためか、ぬあわキロに乗った途端に、ステアリングに細かい振動が出てきたので、せいぜいぬふえキロくらいでの巡航で留めました。
206は、ぬあえキロを境にエンジン音が轟音に変わったので、快適に巡航できる速度は同じくらいでしょうか。
一度、メガーヌのホイールバランスを取り直してみないといけません。
オートマチックの方は、そう新しい設計でもない4速だからか、なんだか気を使ってしまって、ちょっと疲れたなあ。
どこで気を使うかというと、減速です。
マニュアルなら、無意識に5速から4速(6速から5速)と落として、減速させるような場面で、オートマはなかなか減速しません。
前にちょっと書いた、マニュアルモードに切り換えて3速に落とすワザも使うんですが、シフトダウンの前に、コンピューターが一瞬、変速していいのかいけないのか考えているのか、ちょっと間が開くんです。
この一瞬の間がちょっとイヤで、ブレーキを踏むんですが、やたらブレーキを多用している気がして、何となくやっぱり気を使うんです。
まあ、気にしなければそれだけのコトで、ブレーキをガンガン使っちゃえばいいんですが、基本的にマニュアルが身にしみているワタシには、この辺は少し気になるトコロですね。
最新型のオートマなら、こういったトコロは改善されているのかもしれませんが。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: メガーヌⅡ — カーマくん 6:53 PM  Comments (2)

ロックバンド

先日、家族でファミレスに行った時、BGMで、80年代くらいの洋楽が流れていました。
80年代の音楽は、洋邦問わずよく聴きました。
マンガや映画で有名な「20世紀少年」のケンヂたちは、たぶんワタシより5つ程年上なんだと思いますが、その世代って、ロックにのめり込む人とか多かった気がします。
ちょっと遅いワタシ達の世代は、あまりのめり込まずに、ちょっと一歩引いた立ち位置でよく聴いた世代なんじゃないかな。
そういう意味では、割と広く浅く、ロックもポップスも聴いていた感じがします。
だから、80年代のロックバンドなんかも、語れるほどちゃんと聴いていたワケでもないので、Journeyとか、Bostonとか、ホントは数回に分けて語りたいくらいですが、無理矢理なコトをすると、知ったかぶりになっちゃうので無理です。
でも、車載のi-Podには、JourneyとかQueenとかTotoとかの有名どころはおさえてます。
Rainbowも、「Since You’ve Been Gone」みたいな爽やか系が入ってます。
Bostonはなぜかまだ入れてませんでした(あれ?)。
あとTouch。
Touchは、アニキに紹介されて知ったんですが、物凄く美しいメロディに、Queen顔負けのコーラスを持つアメリカのロックバンドです。
残念ながらアルバム1枚出してすぐ解散しちゃった激しくマイナーなバンドなのでCDとか手に入れるのは随分苦労しました。
ところで、ファミレスのBGMで、そのたぐいのロックバンドの曲がかかっていて、昔よく聴いたんですが、今は題名すら思い出せない曲があります。
サビの部分で、「ケリー、ケリー」と熱唱しているバラードなんですが、どなたかこれだけの手がかりでわかる方、いらっしゃいませんかねえ。
ワタシ、Bostonだった気がしたんですが、違ってたみたいで・・・。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 6:37 PM  Comments (3)