プリウスの静音対策 2

この装置、一応OFF機能もついているようで、うーん、まだ開発者にも迷いがあるんでしょうね。
これも本来OFF機能をつけちゃいけない気もするんですが。
そもそも、OFF機能がつけられるなら、第2クラクションみたいな方式にしても良さそうですが、これは国交省がダメって言ったのかな?
音量(でいいのかな?)は、55dB前後ということで、「一般エンジン車と同程度」ってコトらしいです。
えーっと、dBって単位がちょっとピンと来ないですが、ちなみにウチのエリとか、爆音147なんかは何dBくらいなのかな。
まあ、でもここで問題になるのは、音の大きさもそうですが、音の種類でしょうね。
夜中に走っている時とか、朝早く出掛ける時に、普通のエンジン音のように聞き慣れた音ならまだしも、あの宇宙的な音がしていたら、その違和感で目が覚めちゃいそうですが、世の中に普及してくれば問題ないのかな。
何にせよクルマを静かにしたくて頑張ってきたクルマメーカーやタイヤメーカーからしたら、ちょっと屈辱的な装置ができちゃいましたね。
そう言えば、ちょっと前のレグノのCMで、レグノ装着のクルマが通り過ぎても、何事も起こらなかった早朝(?)の交差点で、犬が一歩踏み出した途端に、鳥が一斉に飛び立ったなんてのがありましたが、あのプリウスが通り過ぎたら、鳥たちが一瞬でフライドチキンにされていそうです。
ところでこの装置、新車にオプション? それとも、今もう街を走っているプリウスにも無償とかでつけられるの?
エリにも売ってもらえるの?
昔「ヒュルルルルー」とか「ピシュンピシュン」とか、4種類くらいの電子音が出せるおもちゃがありましたが、あんなノリで、まだ流行ってない間につけてみたい気もします。
「ブログ村」というトコロのランキングに参加してみました。気が向いたら、ポチッとしてやってください。
にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村

Filed under: エッセイ — カーマくん 7:41 PM  Comments (0)